2015年11月

Regal リーガル ウィングチップ 紳士革靴 タンクヒール交換

リーガルの紳士革靴です。DSC02463

かなり削れちゃってます。削れ具合が少ない場合は、トップリフト型に改良することも可能ですが、ここまでなるとタンクヒール交換になります。DSC02464

ヒールを取り外した状態です。DSC02466

タンクヒールは日本製のサムティアスです。耐久性抜群です。DSC02470

これでまた暫く大丈夫です。今度は早めにお持ち下さいね。DSC02471

2700円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Regal リーガル スニーカー カカト修理 コーナー修理

以前別の修理屋さんでカカトの修理をされていたようです。かなり片減りしていますねDSC02461

これだけ減っているとかかと部分だけというのは無理があります。DSC02462

この部分も高さ補修を行いました。DSC02467

中の作りはさすがリーガル、内張まで革のようですDSC02468

早め早めの修理をおねがいしますね。DSC02469

3500円です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

婦人ローヒールパンプス カカト修理

ラインが特徴的な婦人ローヒールパンプスですDSC02454

ゴムが無くなった状態でかなり歩かれたようです。土が詰まっています。これは取らないと・・・DSC02455

概ね取ってみました。それから、ヒールを平にしてDSC02456

削った分厚めなかかとゴムDSC02459

靴も磨いて完成ですDSC02460

1400円です

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

婦人サンダル カカトのゴムが外れて無くなっています

婦人サンダルですDSC02452

カカトのゴムが片方取れて無くなってます。段差があるので総て削り込んで傾斜板でコーナー修理としたいと思いますDSC02453

斜めの補修して高さを戻しましたこれがコーナー修理です。フランスのTOPY社の傾斜板ですDSC02457

これでまた安心して歩いていただけますねDSC02458

2300円です

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

細~いピンヒールのパンプス ゴム交換

スタイルは一般的なパンプスなんですがヒールが細いんですDSC02441

ゴムは取れてなくなってます。中の金属ピンがヒール本体とほとんど同じ直径。こりゃあ困った。DSC02442

ギリギリの太さのリフトを仕入れてみたが、これ削るわけにいかないよなあ。DSC02450

ということでこのままでご勘弁です。DSC02451

1200円です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

年季の入った紳士革靴です。ヒールを低くして欲しいとのご希望です

かなり年季の入った、紳士革靴ですDSC02438

ヒールは積み上げタイプのようです。かなり高め通常より1枚半くらい余分DSC02439

ただ単に低くしただけでは接地が悪くなるので、ヒールは斜めに削ることになります。靴の形もあるのでこれでゴムをつけると平面になります。DSC02440

Vibamのかかとゴムを貼り付けてDSC02448

つま先側が少し浮き下限ですが、概ね良好でしょう。DSC02449

2300円+500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Clarks クラークス 加水分解にてソールパッカん オールソール修理です

クラークスです。モデル名は不明です。っていうかこれだけ修理してて覚えられんだけね。つや消しの黒って感じです。オイルレザーですから。DSC02428

左足のソールはほぼありません。DSC02429

ソールを取り外し、縫い付けのステッチを全部抜いて下処理完成です。DSC02430

ソールは分解されているので手持ちの型紙で中底を切り出しました。DSC02431

インソールは裏のウレタンを削り取ります。右側が削りとったところ。DSC02432

中底を出し縫いミシンにて縫い付けます。DSC02433

ソールは定番仕様のVibram#2668です。金属シャンクをサービスで追加します。歩き疲れ防止になります。DSC02434

Vibram#2668のパターンです。DSC02435

中底のコバも黒色の着色です。DSC02436

オイルレザーもちょっと本気磨きすれば鈍く光沢が出ます。いらんことすなって?!DSC02437

11500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

婦人ミドルブーツ 胴の内張り張替え

婦人ミドルブーツです。DSC02417

革のシールが貼ってありますが、革は表だけです。裏は生地と合成皮革。表面が剥がれてきていますね。DSC02418

上端3cm幅ほどですので対応させていただきました。普段は内張り張替えには対応していません。幅が広いとシワが寄ったり固く感じたり、クレームが多く対応しないことにしました。DSC02419

裏地は裏地で縫い合わせが有りますが、表面には縫い目がありません。縫い合わせは分解が必要のようです。DSC02420

合成皮革の表面を全て剥がし、下地のみにしました。DSC02421

縫い合わせを解き、裏地だけになるようにします。DSC02422

裏地と表面の間に八方ミシンの腕を入れ、革を縫い付けます。DSC02423

出来たら、裏地と表面を縫い合わせます。革を余らしているのはわざとです。軽く筒状になっているので真っ直ぐ裁断すると合わなくなるので縫い合わせてから、余分な革を切り取ります。DSC02424

裏から見た感じです。本革ですから、かなり耐久性が有りますね。DSC02425

Vの字のところはゴムが入っているので切れ込みを入れてみました。DSC02426

左右とも縫い付けして完成です。DSC02427

6000円です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

CEDAR CREST セダークレスト ヒールが取れちゃった

セダークレストの紳士革靴です。何故かヒールが取れちゃってます。DSC02413

セダークレストのロゴ入り中敷きDSC02416

なんか接着強度が出にくそうな感じがします。DSC02414

一応張り付いた感じです。DSC02415

実はこの後1週間もせず取れちゃいました。

左右とも釘を4本づつ追加して完成させました。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

new balance ニューバランス スニーカー 滑り革の修理

紳士用のニューバランスですねDSC02403

内張りのかかと部分に破れがあります。これはここに革を縫い付けて見えなくします。DSC02404

できるだけ目立たないところを縫っていきますが、どうしても出来ない時は、新たな縫い目がはいります。DSC02405

余った革を切り取ります。DSC02406

裏側が出るようにしてカカトの滑りを少なくしました。足が靴の中で動かなければ破れる確率がずいぶん低くなります。DSC02407

2700円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category