2016年07月

婦人サンダル ヒールカット 高さを低く

婦人サンダルです。DSC05627

かかとのゴムが劣化で割れています。これは問題ではなく、高さが高いので低くして欲しいということです。DSC05628

ゴムが付いた状態でこの高さDSC05629

ゴムを外して左のみカットした状態です。1cmカットが限界です。DSC05630

新しくゴムを貼り付けて完成ですDSC05634

ずいぶん低くなった印象です。DSC05635

この夏はまたこれでお出かけも楽しくなりますね。DSC05636

1400円+500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

MADRAS マドラスの紳士ローファ タッセル 中敷ハーフ交換 内張りも

マドラスの紳士ローファ タッセルです。DSC05614

中敷きも内張りも経年劣化でボロボロしてますDSC05615

内張りは手でゴリゴリするとどんどん取れていきますのでできるだけ取り除きますDSC05616

内張りには黒の革を貼りましたDSC05622

中敷きはオリジナルの近い明るめの茶色DSC05621

これで靴脱いでも恥ずかしく無いですね。中敷交換1400円+消費税 内張り張替え2600円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Clarks クラークスネイチャーII ぱっかん加水分解 オールソール修理

クラークスのネイチャーIIです。歩きやすいいい靴なんですが、DSC05608

縫い目のところからぱっかん割れしています。加水分解ですね。DSC05609

ソールもパキパキ割れながら取れちゃいました。DSC05610

縫い付け部分だけではなく、全体的に加水分解して豆腐が崩れるがごとくです。DSC05611

インソールは裏のウレタンを削り取るなどして再利用します。これだけの厚みがあるインソールはなかなか手に入りませんね。DSC05623

革製の中底を縫い付けています。DSC05617

縫い付け完了です。DSC05618

当店定番使用のVibram#2668黒ですDSC05624

中底もコバ面はやはり黒に着色して磨きますDSC05625

履き心地などは多少変わりますので新しいモデルの靴を買ったというイメージで履いていただければよろしいかと存じます。DSC05626

11500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

レッドウィング スエードジーンズブルーな珍しいモデル かかと部分修理です

ジーンズブルーなスエードのレッドウィングです。DSC05601

羽タグ8144DSC05602

かかと部分だけ直して欲しいということでコーナー修理しますDSC05603

傾斜板を貼るところを削り込みます。DSC05604

ホワイト系の傾斜板です。DSC05605

次回はソール交換の時期が来ると思いますよDSC05606

2300円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

mizuno ミズノゴルフシューズ かかと部分修理

ミズノのゴルフシューズです。かかと部分はかなり特徴的ですDSC05593

架台の上に固めのソールが乗っかり、ゴルフピンがあるそのソールが剥がれた?分解したといったほうが近いかなあ。DSC05594

部分的に割れているところもある。どうもボンドだけでは無理そうです。DSC05596

一応ボンド接着をして架台中央に木ネジ止め。DSC05598

かかと最後部は細かく4箇所釘を打ってみたDSC05599

手前の架台のところにも釘を打ってみた。これだけやれば大丈夫だろう。DSC05600

それより樹脂ピンが摩耗してしまって芝の上で滑りそうです。ゴルフショップでピンの交換をした方がいいのでは?DSC05597

1500円+消費税頂戴しました

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

ecco エコーの紳士靴 カカト修理のご依頼ですが、オールソール修理になりました

ECCOの紳士靴です。ECCOの靴は特殊なウレタンのようでかなり耐久性があるようです。DSC05583

ECCOでは珍しい紳士革靴タイプDSC05584

かかと部分の修理のご依頼です。お客さまご自身でシューグーのような補修材で修理されています。ある程度削ってトップリフトを貼り付けてみたいと思います。DSC05585

削ってみますとかかとの中が加水分解していてボンド接着は無理のようです。もちろん全体的に加水分解が進んでいます。ソールの交換を提案いたしました。DSC05586

ウレタンソールなのでインジェクション製法です。なかなか綺麗に取り除けません。DSC05587

サイドのまくり部分は傷が入りますが削り取ります。DSC05588

ウレタンソールを削るとウレタンが溶けてグラインダーペーパーに付着して使用不能になります。一発で廃棄です。DSC05589

樹脂系の補修材でサイドのまくり部分の傷を隠してゴムウェルトを貼り付けます。DSC05607

ソールは2ピースタイプのVibram#2656ケープタウンです。Gumlite素材です。DSC05619

これで復活できました。DSC05620

10500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

イヴ・サンローラン 婦人パンプス ヒールを犬に噛まれちゃった

イヴ・サンローランの婦人パンプスです。DSC05573

ゴールドの中敷きにロゴが定番?DSC05574

犬にかじられちゃった無残なヒール。でもヒールで良かったです。靴本体だと修復はかなりの確率で困難ですから。DSC05575

まずはヒールを外します。中央にねじ釘、その周りに打ち込みの釘が4本。これを全て抜かなきゃ外れません。DSC05576

ソールのまくり部分を剥がしていきますDSC05578

ヒールを外しました。このバリバリの巻き革を剥がして、プラヒールに出来た犬歯の凹凸を埋めます。DSC05579

新しい巻き革を貼り付けます。光の関係でちょっと濃い目に見えますが、問題ないレベルです。DSC05580

ヒールを靴に取り付け、かかとゴムを取り付ければ完成です。DSC05581

これでまた、イヴ・サンローランのイメージで歩けますね。DSC05582

3300円(巻き革)+500円(ヒールキズ補修)+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

紳士スリッポンタイプの靴 オールソール修理 

紳士スリッポンタイプのタウンシューズです。DSC05562

日本のオリジナルブランドのようです。DSC05564

ノーブランドの軽登山タイプのソールが使用されています。軽い素材でというご希望ですのでスポンジ系に変更します。DSC05565

ソールはできるだけダメージが少ないように口が開くタイプのヤットコで分解していきます。DSC05566

分解完了です。DSC05567

クラークス修理などで定番使用しているVibram#2668黒です。軽くて耐久性も兼ね備えています。DSC05590

再度コバも着色しなおしてDSC05591

靴も磨いて完成です。DSC05592

9800円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

BRUNO MAGLI ブルーノマリ コンフォート系婦人パンプス かかとゴム交換と つま先補修

ブルーノマリコンフォート系婦人パンプスです。DSC05554

BRUNO MAGLIロゴDSC05555

かかとゴムはまだもう少し残ってますが、早めの交換ですDSC05556

つま先はゴム部分が削れて革ソールが覗いています。DSC05557

ゴムを取ると前回修理穴埋めした木片が出てきます。DSC05558

つま先は斜めに削ってつま先用の傾斜板を貼り付けます。DSC05559

Vibramかかと板です。釘は4本打ちましたDSC05570

つま先は傾斜板を貼って出来上がりですDSC05571

安心して歩いて頂けそうです。DSC05572

かかとゴム交換 1400円+消費税 つま先補修1000円+消費税

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

YONEX ヨネックス婦人ウォーキングシューズ かかと部分修理

ヨネックス婦人ウォーキングシューズです。かかとのゴムが取れていますDSC05550

途中から斜めに削って傾斜板でコーナー修理です。コノ前の削ったところの写真を写してなかったDSC05560

またガンガン履いてくださいねDSC05561

2300円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category