2017年01月

婦人パンプス かかとゴム交換 ヒールの巻革はそのままで

婦人パンプスです。DSC06946

ゴムが無くなってまだ履かれていますねDSC06947

ヒールの巻革が切れてよれていますが、ここはそのままで。もちろん巻き直すこともできますが・・。DSC06949

巻革はできるだけ叩いたり引っ張ったりして貼り付けました。DSC06953

靴も磨いて完成です。DSC06954

14500円+消費税です。

紳士革靴 かかとゴム交換と腰裏滑り革修理

紳士革靴です。DSC06926

まずは定番のかかとゴム交換です。DSC06927

ゴムを剥がすと積み上げタイプのヒールです。DSC06928

ここは特に問題なく完成です。DSC06943

かかと腰裏がヘタっています。中に入っているカウンターが曲がったのでしょう。交換は大変な作業なのでDSC06931

まずは、靴の端に革を縫い付けます。DSC06936靴の中の縫い目ですDSC06938

その後、硬めの革を仕込みますDSC06940

革の先端をギザギザカットしてDSC06941 内側に折込み接着しますDSC06942

シワを伸ばして、中敷きをもとに戻して完成ですDSC06944

今後は靴べらをぜひ使ってくださいね。DSC06945

かかとゴム交換 2300円+消費税 腰裏滑り革修理3300円+消費税です。

Clarks カスタム仕様 クラークスワラビーブーツ オールソール修理

クラークスワラビーブーツです。生ゴムソールですねDSC06918

こんな中敷きですDSC06919

生ゴムのミッドソールを縫い付け、ヒールをウェッジにしてソールを貼っていますDSC06920

ミッドソールもすべて交換するので一気に縫い付けを切りながら分解します。DSC06921

分解完了です。DSC06922

残っているマッケイ縫いの糸も全部取ります。DSC06923

生ゴムの代わりに本革のミッドソールを貼り付けDSC06932

マッケイミシンで縫い付けていきますDSC06933

両足とも縫い付け完了ですDSC06935

今回はお客様のご希望でVibram#1136を取り付けるため、合成ゴムのミッドソールを追加しますDSC06939

Vibram#1136の黒です。黄色いロゴが主張してますね。黄色いロゴは黒限定です。DSC06950

サイドビューです。結構ゴツく感じます。DSC06951

ワラビーのタウンユースな感じからワイルドな感じへ変身ですね。DSC06952

12500円+消費税です。

定番修理 婦人パンプス ピン付きリフト交換 ピンヒール

婦人パンプスです、所謂ピンヒールタイプDSC06911

金属ピンが覗き始めています。このあたりがちょうど交換時期です。DSC06912

ゴムを取ると金属ピンが見えるので優しく抜いていきますDSC06913

軸径の太さのあったものを選択して打ち込みます。DSC06914

周りを削り込んでヒールの形に合わせますDSC06915

布製の本体ですのでさくっと洗浄して完成ですDSC06916

1200円+消費税です。

 

長期保存?の婦人ブーツ かかとゴム交換とクリーニング

長期保存なさっていたのでしょうか?汚れが目立つ婦人ブーツですDSC06901

かかとのゴムは幾分残っていますが、早めの交換ですDSC06902

問題はこちら、かなり悲惨な状況ですねDSC06903

靴の中も汚れが目立ちます。丸洗いしてもいいかな?DSC06904

ゴムを外したら、金属ピンの穴を木片で埋めますDSC06905

スタック革は浮いたところをボンドで止めるだけにします。DSC06906

Vibramかかとゴムにて成形して釘を打ってここは完成DSC06907

クリーニングして磨くとこんな感じに復活ですDSC06908

もちろん靴の中もクリーニングしていますよ。DSC06909

下駄箱の肥やしにせず、しっかり履いてやってくださいねDSC06910

かかとゴム交換1400円+消費税 クリーニング2000円+消費税

婦人ブーティ かかとゴム交換とハーフソール補強

婦人ブーティです。結構ヒールは高めDSC06889

小さめなかかとゴムDSC06890

他店で貼ったハーフソール補強がもう薄くなってますね。交換しますDSC06891

ソールも削り直して、かかとは珍しくピンタイプではないです。DSC06892

Vibramかかとゴムを貼ったら釘を2本打ち込みました。面積が狭いので気を使いますDSC06898

Vibramのハーフソールです。耐久性抜群です。DSC06899

靴も磨いて完成です。DSC06900

かかとゴム交換1400円+消費税、ハーフソール補強2300円+消費税です。

ウレタン系のソール仕様の紳士革靴 ヒール交換

ウレタン系のソール仕様の紳士革靴です。DSC06840

ヒール表面に張ってある合成ゴムの薄いシートも本体も削れてしまっていますDSC06841

スポンジ系のヒールを取り付けるため削り込みますDSC06842

スポンジ系のヒールを取り付けたところです。DSC06848

次回修理のときはハーフソール補強もご検討くださいねDSC06849

2800円+消費税です。

 

婦人ショートブーツ かかとゴム交換

婦人ショートブーツです。DSC06822

かかとゴムは既に無くなっておりプッチの黒い部分だけが残っています。DSC06823

Vibramかかとゴムを貼り付け、釘は3本打ちましたDSC06826

靴も磨いて完成です。DSC06827

1400円+消費税です。

Gallery Category