2017年09月

オールソールなど大掛かりに修理 ドロミテコルチナ

相当に履き込んだドロミテコルチナ

ソールが割れています。ミッドソールも割れているようです

滑り部分と内張りの一部が破れています。

全部交換なので縫い付けを切って一気に分解してみました

1層目のミッドソールは板紙なのでぼろぼろになります

革のミッドソールを手回しの出し縫いミシンで縫ってます

細かな縫い目にしました。

合成ゴムのミッドソールを張り、アウトソールの接着強度を出します

滑り革修理とパイピング処理

仕上げはVibram#1136黒です。

2層のミッドソールで厚みも出ました

靴も磨いて完成です。

オールソール修理12500円+消費税 滑り革修理2800円+消費税 内張り部分修理500円+消費税 パイピング処理2000円+消費税

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理と金具の交換 ボストニアンゴルフシューズ 30年もの 実は私の靴

ボストニアンゴルフシューズ約30年使っています

当時、作りは最高の部類の本格的本革のゴルフシューズです

ソールが浮いてきだしました。もう30年ですからね。

後付のソフトスパイク、金具がむき出しになってきています

雌ネジの根元が割れている、もう限界のようです。

ソールを分解すたところ。コルクではなくハニカム状のブレート

練コルクも痛みがあるようですね

ウェルトも亀裂が激しいので交換します。

すくい縫いで革のウェルトを靴に縫い付けていきます

革ソールを少し薄く漉いてメス金具を入れる穴を開けます     

靴本体に接着の後、出し縫いします 

表と裏の縫い目はこんな感じです。

ヒールも積み上げソフトスパイクを取り付けます

なんとか月末のゴルフに間に合いました。 

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

Gallery Category