いずみブログ

イタリアの名品ドロミテコルチナ オールソール修理と滑り革修理

チロリアンシューズの代表格、イタリアの名品ドロミテコルチナです。DSC04436

1層目のミッドソールに亀裂が有りますね。この部分は板紙なのであまり耐久性はありません。DSC04437

そろそろ交換時期だろうと思われるカカトの減り具合ですDSC04438

別の修理屋さんで縫い付けた滑り革、薄くなってきています。DSC04439

今回は徐々に分解してみます。まず、アウトソールを剥がすと合成ゴムのミッドソールが出てきます。この部分から縫い付けられています。DSC04440

ミッドソールの表面を削りこんでやって縫い付け糸を切ります。DSC04441

合成ゴムのミッドソールを取ると板紙のミッドソールが出てきます。湿気を吸い込んでけっこうボロボロなんです。DSC04442

板紙のミッドソールを取り除くと中底と樹脂のシャンクが見えてきます。縫い付け糸は根気よく左のように綺麗に抜き取ります。DSC04443

革のミッドソールを貼り付けます。DSC04446

出し縫いミシンで縫い付けます。今回は生成りの糸です。DSC04447

縫い付け完了です。DSC04449

滑りの部分は革を内側に貼り付けDSC04450

縫い付けますDSC04451

折り返して貼り付けてやります。DSC04469

アッパーの縫い合わせ部分の端がほつれています。DSC04445

手縫いで縫い直しです。DSC04470

合成ゴムのミッドソールを追加してアウトソールはVibram#1136です。DSC04471

爪先の剥がれ防止に木ねじ追加してますこれでガッチリですね。DSC04472

オールソール修理12500円+消費税 滑り革修理2700円+消費税、縫い直しは1500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category