イヴ・サンローラン

かかとゴム交換 1400円+消費税 YvesSaintLaurentイヴ・サンローラン 婦人パンプス

イヴ・サンローランの婦人パンプスです

ロゴが主張していますねえ。

かかとゴムはすでに劣化して割れてなくなっています

金属ピンを抜いたら、穴を木片で埋めます。

Vibramかかとゴムを貼り付けて、木片めがけて釘を打ちます。

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

イヴ・サンローラン 婦人パンプス ヒールを犬に噛まれちゃった

イヴ・サンローランの婦人パンプスです。DSC05573

ゴールドの中敷きにロゴが定番?DSC05574

犬にかじられちゃった無残なヒール。でもヒールで良かったです。靴本体だと修復はかなりの確率で困難ですから。DSC05575

まずはヒールを外します。中央にねじ釘、その周りに打ち込みの釘が4本。これを全て抜かなきゃ外れません。DSC05576

ソールのまくり部分を剥がしていきますDSC05578

ヒールを外しました。このバリバリの巻き革を剥がして、プラヒールに出来た犬歯の凹凸を埋めます。DSC05579

新しい巻き革を貼り付けます。光の関係でちょっと濃い目に見えますが、問題ないレベルです。DSC05580

ヒールを靴に取り付け、かかとゴムを取り付ければ完成です。DSC05581

これでまた、イヴ・サンローランのイメージで歩けますね。DSC05582

3300円(巻き革)+500円(ヒールキズ補修)+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

イヴ・サンローラン 定番修理 パンプスのピン付きリフト交換

イヴ・サンローランの婦人パンプスですDSC04643

ゴールドのロゴ入り中敷きが主張してますねえDSC04644

ピン付きリフトは交換時期です。このくらいで持ってきていただくと作業もしやすく助かります。金属ピンが見えたら、持っていく!と覚えて置いて下さい。DSC04645

ピン付きリフト イタリアのカサリ社の製品です。破れている巻き革はボンド塗って押さえつけてます。DSC04646

次回はハーフソール補強もご検討下さい。流石に磨くと光りますねえ。いい革使ってるわ。DSC04647

1200円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

イヴ・サンローラン ハートなデザインが流石です。 かかとゴム交換

ハートなデザインが小粋なイヴ・サンローランのパンプスです。DSC04529

YSLのロゴが静かに主張していますDSC04530

いくら良いブランドパンプスでもゴムが無くなっちゃあ歩けませんね。金属ピンを残しているということは加水分解で割れたんでしょう。DSC04531

前後の金属ピンの穴は木片で埋めましたDSC04533

Vibramかかとゴムで仕上げです。このゴムは2層タイプで足つきの柔らかさと耐久性を兼ね備えたタイプです。DSC04537

スエードなのでザクッと洗浄しました。黒が引き立ってきましたねDSC04538

1400円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

 

YSL イヴ・サンローラン婦人パンプス ヒール巻き革 巻き替え

イヴ・サンローランの婦人パンプスです。DSC03683

YSLのロゴが主張していますねDSC03684

カカトのゴムはもう少し履いて頂けそうなんですが・・。DSC03685

ヒールの巻き革がよれたり破れが有ったりしています。綺麗にして欲しいということで、新しい革で巻き替えます。DSC03686

一旦ヒールを外しますが、靴の中から釘4本で留まっています。かなり深く埋まっていますね。釘の頭が掴めそうにありません。DSC03687

高圧電気をあてがい、グギを熱して抜いていきます。溶接棒のようにバチってなります。DSC03688

ヒールを外しました。DSC03689

古い革を綺麗に剥がします。DSC03690

新しい革を貼り付けます。少し大きめの革に切込みを入れて強く引っ張りながら曲線に沿うように貼ります。DSC03691

ヒールの取り付けは釘ではなく、木ねじです。釘の4倍の強度が出ると言われていますので、グギ16本分の強度ですね。DSC03692

新しいゴムを取り付けて完成です。DSC03697

これでまた気持ちよく歩いていただけますね。できれば砂利道は避けて下さいね。DSC03698

3300円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category