ウィングチップ

カスタム修理 Vibram#100ソール+グッドイヤーヒール まだ新品な紳士革靴 13500円+消費税

オリジナルブランドの紳士革靴です。素晴らしい作りをしています。これをこのままカスタムするって!

積み上げの革は再利用してほしいとのこと

ヒールを取り除き、全体を荒らします。これでした処理は完了

Vibram#100ソールを貼って高さを調整しながら革を積み上げます

積み上げ用の革を1枚追加で高さがうまく揃いました

かなりゴツいイメージ

元々のソールはそのままにVibram#100を貼っているので厚みが凄いです。

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理と金具の交換 ボストニアンゴルフシューズ 30年もの 実は私の靴

ボストニアンゴルフシューズ約30年使っています

当時、作りは最高の部類の本格的本革のゴルフシューズです

ソールが浮いてきだしました。もう30年ですからね。

後付のソフトスパイク、金具がむき出しになってきています

雌ネジの根元が割れている、もう限界のようです。

ソールを分解すたところ。コルクではなくハニカム状のブレート

練コルクも痛みがあるようですね

ウェルトも亀裂が激しいので交換します。

すくい縫いで革のウェルトを靴に縫い付けていきます

革ソールを少し薄く漉いてメス金具を入れる穴を開けます     

靴本体に接着の後、出し縫いします 

表と裏の縫い目はこんな感じです。

ヒールも積み上げソフトスパイクを取り付けます

なんとか月末のゴルフに間に合いました。 

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

DragonBeard 粋なデザインの紳士革靴 かかとゴム交換と爪先補修

スニーカーのような長い紐と波模様が粋な紳士革靴です

DragonBeardというブランドらしい

かかとのゴムは通り越してヒール本体も削れています。

爪先は中心から外れながら削れていますね

平らになるまで削っています。高さを補正しないといけませんね

ゴムを貼るところを削り込みます

ヒールは積み上げ用の革を1段積み上げました。

爪先用の傾斜板を貼り付けます。

かかとゴムはフランスのTOPY社のものです

積み上げたところは少し斜めに削っています。

これでまた、タフに使っていただけますね

爪先補修 1000円+消費税 かかとゴム交換 2300円+消費税 積み上げ1段分500円+消費税です。

お問い合わせ

岡山県で靴修理なら

靴修理やバッグ修理のお店をお探しの方は、岡山県倉敷市にある当店へ。ティンバーランドやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの革製品は長く使用する事ができますが、色あせたりキズがついたりしていつかは持てなくなってしまいます。愛着が湧いたアイテムはなかなか手離す事ができないものです。当店では、皆様が大切にされている革製品を修理いたします。靴修理もかばん修理もお任せください。色あせやキズが目立ってきたという方は、お問合せフォームからご連絡お待ちしております。

ウィングチップ紳士革靴 かかとゴム取り付け 

ウィングチップ紳士革靴です。dsc06382

オリジナルはなんとゴムではなく本革製で釘がズラッと並んでいます。でもこの状態だと間違いなく滑るでしょう。安全のためにもゴムへの交換をおすすめしました。dsc06383

っということで積み上げの革を1枚取り外しまして、ここにかかとゴムを貼り付けます。しかし、丁寧な作りですね、何本釘打ってるんかなあ?dsc06384

Vibramかかとゴムです。バイオテックなデザインのタイプです。dsc06394

高さも元通りです。これなら安心して歩いていただけますね。dsc06395

靴を磨いて完成です。次回はハーフソール補強をご検討くださいdsc06396

2300円+消費税です。

お問い合わせ

カスタム仕様 REGAL リーガルウィングチップ オールソール修理 #1136へ

リーガルのウィングチップ ビジネス系革靴です。dsc06221

ヒールもソールも結構削れてきています。オールソール修理ご希望なんですが、Vibram#1136へのカスタム希望ですdsc06222

まずは分解から・・・、ヒールを外してdsc06223

ソールは捨てるので縫い付け部分は削って糸を切ります。dsc06224

糸を切ると割と簡単にベリベリ剥がせます。dsc06225

プラ製のシャンクがあったり、コルクの中物が崩れていたり、触るところは色々ありますね。dsc06226

革ウェルトのだし縫い糸が残っているのできれいに取りますよ。これがかなり大変な作業。dsc06227

糸を抜いて、シャンクを接着し、コルクを新しくして下準備完了dsc06233

ウェルトにミッドソールを縫い付けていきます。ミッドソールだけを縫い付けるときは、手回しの上から縫える出し縫いミシンが有効です。元穴に針を入れるのも見えるので容易です。dsc06242

下糸は太めの生成りです。dsc06243

仕上げはご希望どおり、Vibram#1136黒です。dsc06309

かなりごついイメージです。イタリアのドロミテのような感じでしょうか?dsc06310

エンボス革なのであまり光りませんが、磨いて完成です。dsc06311

11500円+消費税です。

お問い合わせ

ドクターマーチン ウィングチップ紳士革靴 かかと部分修理 コーナー修理

ドクターマーチンの紳士革靴ですDSC04794

中敷きにドクターマーチンのロゴDSC04795

かなり深く削れています。DSC04796

この透明感のある独特な色と縞模様のデザインは専門業者でなければ再現できませんとお断りしたんですが、歩けるようになるだけで良いということで色も合いませんがお受けしました。DSC04798

斜めに削ったところに傾斜板を貼っています。DSC04808

傾斜板1枚では厚みが出せなかったので2段重ねです。DSC04809

元々直せないタイプなので極限まで履かれる方が多いようです。傾斜板での修理で良ければ可能ですので早めの修理が良いと思います。DSC04810

2800円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Trickers 紳士トリッカーズブーツ かかとゴム交換 山型ラスター

トリッカーズの紳士靴ですDSC03635

Trickersの中敷きが控えめに主張していますね。内張りも本革はさすがです。DSC03636

山型の半革ラスターです。この靴は飾り釘はありません。有っても対応していないんですが・・・。DSC03637

トップを剥がしました。何故か飾り釘跡が見えます。前回他店で交換された時、やはり飾り釘なしで修理されたようですね。DSC03638

山型の半革ラスターを貼り付けて補強釘5本打ってます。強度的にはこれで十分です。DSC03641

次回交換時にはソールにハーフソール補強を施したほうが良い時期になりそうです。DSC03642

今回は2800円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

 

Trickers 婦人用のトリッカーズブーツ かかとゴム交換

婦人用のトリッカーズ ブーツです。DSC03629

英国の有名ブランドですね。TrickersDSC03630

少し履き過ぎで山型のラスターゴム部分を通り越してヒール本体も削っているようです。また、美しい飾り釘が多数打ってありますが、当店ではこのような飾り釘には対応しておりませんので悪しからずご了承下さい。DSC03631

トップを剥がし高さを揃えます。積み上げヒール1段分余分に剥がしました。DSC03632

当店が採用している山型のラスターは2段分くらい厚みがあるので高さ補正無しで丁度いいみたいです。釘は5本打ってます。DSC03633

磨きを入れて完成です。DSC03634

2800円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

 

Regal リーガル ウィングチップ 紳士革靴 タンクヒール交換

リーガルの紳士革靴です。DSC02463

かなり削れちゃってます。削れ具合が少ない場合は、トップリフト型に改良することも可能ですが、ここまでなるとタンクヒール交換になります。DSC02464

ヒールを取り外した状態です。DSC02466

タンクヒールは日本製のサムティアスです。耐久性抜群です。DSC02470

これでまた暫く大丈夫です。今度は早めにお持ち下さいね。DSC02471

2700円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

縫い付け糸の解れを縫い付けます。ウイングチップな婦人革靴

ウイングチップな婦人革靴です。オシャレです。DSC02147

ウィングの縫い付け部分が糸切れかほつれています。こういった時には八方ミシンにて縫い付けます。靴の奥まで腕が入るので重宝しますDSC02148

白糸で縫い付け完了ですDSC02153

また安心して歩いていただけますねDSC02154

1700円頂戴しました

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category