オパンケ縫い

エアーバッグ等EVAスポンジで作り直し 6000円+消費税 NIKE ナイキエアフォース1 加水分解

ナイキのエアフォース1です。

ひっそりとロゴが入っています

型押しの表面層が剥がれてきています。

縫いつけを切って分解していきます

エアーバッグであったろう痕跡が少し残っています。周りはウレタン層でしょうか?

ごそっと取れました。

EVAスポンジで厚みを近づけて作ってみます。微調整がかなり必要です

ソールをもとに戻し接着したら、マッケイミシンで無理矢理に縫い付けです。専用のオパンケミシンはまだ購入できません。

縫い目もまずまずです。

エアーでないのでクッション性は落ちますが、歩くことには支障は無いでしょう。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

 

ソール剥がれ修理 4000円+消費税 PIRELLI ピレリ スニーカー

ピレリのスニーカーです

タイヤのピレリと同じロゴですね

靴紐のところが特徴的です

ソールはパッカンと剥がれています。

ソール自体には問題はなさそうですのでボンド接着と部分縫いつけで対応します。

ヒールのまくり部分は先端のみ縫えました。ここから下はミシンが入りません。

前半分はマッケイ縫いです。後ろは厚みがあつすぎて縫えません

これでしばらくは大丈夫でしょう

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

 

ソールの移植 4000円+消費税 ミッドソール交換2000円+消費税 その他いろいろ NIKE ナイキエアージョーダン1

ナイキエアージョーダン1です。

解れがあったり

ソールは穴が開いていて交換が必要ですが、このタイプの交換用のソールがありません

そこでお客様がお持ちの同じサイズのジョーダン1の別の靴のソールを移植します

まずは縫いつけを切って分解します

こちらも分解しますこのソールを使いますでもミッドソールが加水分解していますので交換します

ヒールの滑り部分がぼろぼろなのでカウンター革を挿入します

カウンターを入れるのは底面からです

カウンターが動かないように縫いつけます

別の靴のソールを縫いつけます

また履いていただけますね

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

クッション交換 5000円+消費税 NIKE ナイキエアージョーダン1 加水分解

ナイキエアージョーダン1です。ソールの中から粉が出てくるということで

ソールをまずは分解します。縫いつけの糸を切っていきます

これはソールの中に仕込まれたクッション材ですが、加水分解して粉々です

縫いつけ糸とウレタン材をできるだけきれいに取るところからスタートです

白いEVAスポンジでウェッジ形状のクッション材を作り、貼り付けます

専用ミシンではないため、縫い目の間隔はまばらになってしまいます。ご了承ください

靴の中の側面に縫い目

両足とも縫えました

本格的にプレーには向かないかもしれませんが、歩いていただくには大丈夫でしょう

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

ミッドソール交換 5000円+消費税 NIKE ナイキエアージョーダン1 加水分解 オパンケ縫い

ナイキエアージョーダン1です。

特に問題なさそうに見えますが・・・。お客様が足の裏がふわふわするということで分解してみます

まずは縫い付けを切っていきます

分解できました。

ミッドソールとして入っているウレタン層がものの見事に粉々。加水分解しています

綺麗さっぱり取り除きます

紙でザクッと型取りしてEVAスポンジを切り抜きます

2枚重ねで厚みを出し、ウェッジになるように斜めに削ります。それをソールにセットして

オパンケミシンは持っていないのでマッケイミシンで代用です。

かなり無理して縫い付け完了

靴の中に縫い目があります。

これでまた歩けるようになるでしょう。実際のプレーは推奨できません。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

ミッドソール交換修理 5000円+消費税 NIKE ナイキエアージョーダン1 加水分解

ナイキのエアージョーダン1です。外観的には特に問題はなさそうですが・・・履いた感覚なのでしょう!中のものが潰れているようだと

ソール側面はボンド劣化とともに浮きが目立ちますが、オパンケ縫いされているため剥がれてはいません

縫い付けを切って分解してみます。エアーバッグは劣化してボロボロ。クッション部分も粉々です

クッション材があったのはソール中央までのようです。

エアーバッグは再現できませんので、クッション材でカバーします。EVAスポンジは加水分解しないと言われています

オパンケ縫いミシンは持っていないのでマッケイミシンを駆使してなんとか縫っています。特に爪先は縫えないこともあります

縫い目のピッチがどうしても揃いません。ご了承ください

両足とも縫い上がり完成です。歩くだけなら問題ないと思います

 

 

Gallery Category