オーロラシューズ

縫い付け解れ縫直し 2500円+消費税 オーロラシューズ 

オーロラシューズです。

土踏まず横あたり縫い付けが切れて口が開いています。

縫い付けてあるのはミッドソールなので、アウトソールを部分的に分解します

出し縫い針で穴を開けながら、糸を交互に通し縫い合わせます

左右から糸を入れて締め上げます。

アウトソールを接着し戻して

サクッと削りを入れて表面を整え

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理10500円+消費税 縫直し1500円+消費税 オーロラシューズ 

オーロラシューズ ミドルイングリッシュ 茶色です。

縫い付けが切れて口が開いています

ソールを剥がしたところです。

少し目立ちますが、太めな糸で縫い付けます

ソールはVibram#2668です。

オーロラシューズには少し厚手かも!

遠目に見れば気が付かないか?

磨くと結構光沢が出ますが、オイルレザーにこれは邪道かな。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

ソール交換 10500円+消費税 ほつれ縫直し1500円+消費税 オーロラシューズ

オーロラシューズです。

縫い付けの糸が切れて口が開いています

ソールは交換しますので分解します

同じ太さの糸ではまた切れる恐れがあるので3倍以上太い糸で縫い付けました

今回はVibram#2668に押してみました。

思いの外厚みがあった。次回からはVibram#2060のほうが良いかな。

太い糸は紀にしなければ目立ちません

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

ほつれ縫直し 1500円+消費税+ソール剥がし戻し1000円+消費税 オーロラシューズ

オーロラシューズです。

縫い付けが切れて口が開いています。縫い直しますが、縫目はソールで隠れています

部分的にソールを剥がしていきます。

手縫いで縫い合わせます。糸は少し太めのものを使用

縫い合わさったら、ソールを元通りに貼り付けて

ザクっと磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

リピーター オーロラシューズ ソール交換 同じソールで!

以前当店でソール交換していただいた、オーロラシューズです。 その時のご希望でボブソールを使用しましたが、今回も同じものでということで、最近は在庫をしていないためちょっとお待ちいただきました。 まだ、当時はダイヤボンドを使っていた頃ですね。ボンドが黄色く残っています。でもこれ結構強力なんですよ。 残ったボンドは削り取ります。 国産のボブソールです。裏のパターンは、レッドウィングのアイリッシュセッターなどに使われているトラクションソールに似ています。 縫い付けには不具合はないようですのでこれで大丈夫でしょう オイルレザーですが、磨きを入れました。 9,800円+消費税です。 お問い合わせ

岡山県で靴修理なら

靴修理やバッグ修理のお店をお探しの方は、岡山県倉敷市にある当店へ。ティンバーランドやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの革製品は長く使用する事ができますが、色あせたりキズがついたりしていつかは持てなくなってしまいます。愛着が湧いたアイテムはなかなか手離す事ができないものです。当店では、皆様が大切にされている革製品を修理いたします。靴修理もかばん修理もお任せください。色あせやキズが目立ってきたという方は、お問合せフォームからご連絡お待ちしております。

オーロラシューズ 底縫いが切れて口が空いています

オーロラシューズです。dsc06090

ソールは他店で交換済みのようですが、アッパーの縫い付け部分が糸切れを起こして口が開いてしまっています。ソール交換のとき糸切れしていなかったんだろうか?dsc06091

ここは縫い付けが切れていないが、浮きが発生しています。これを放置すると糸切れしてまた口が開きます。ここはボンド付でいいでしょう。dsc06092

かなり広範囲に口が開いているので部分的にソールを剥がすより全部剥がしたほうが作業が楽なのでソールを取り外しました。dsc06093

ミッドソールと中底そしてアッパーの3層を縫い合わせます。dsc06094

オリジナルよりかなり太い糸を使っています。ちょっと目立ちますが、この糸ならまず切れません。耐久性重視でご勘弁を。dsc06095

ソールを貼り直して形を整えます。dsc06096

本来あまり必要ないんですが、磨きを入れて完成です。dsc06097

縫い付け1500円+消費税 ソール分解 1000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

オーロラシューズ ソール交換 2足いっぺんに 一部縫い直しも

オーロラシューズ ミドルイングリッシュ 黒 紳士用です。DSC04843

かかと部分もかなり削れてきています。DSC04844

縫い付けが切れて穴が開いています。ここは縫い直しです。DSC04845

こちらもミドルイングリッシュ 茶色 紳士用ですDSC04846

こちらはソール交換のみDSC04847

まずはソールを剥がします。靴本体に中底が縫い付けてあります。DSC04848

茶色の方も剥がしました。ボンドは昔ながらのゴムのりで伸びるばかりでなかなか剥がれていきません。結構苦労しましたDSC04849

黒の方は縫い直しです。オリジナルより3倍は太い糸DSC04853

下糸が強し。DSC04854

今回はソールをVibram#2668にしてみました。今まで厚みがあってイメージが合わないなあって思ってたので今度のほうがいい感じです。DSC04859

アッパーの革を磨いている最中です。もちろん左が磨いた方です。DSC04858

オイルレザーをここまで磨いて良いのかな?DSC04860

黒の方もソールはVibram#2668です。DSC04861

縫い付けたところとソール。途中から急に太くなっているDSC04864

こちらも本気磨きしてみました。磨いてほしくない場合は声をかけて下さいね。勝手にやっちゃいますから。DSC04863

ソール交換9800円+消費税 縫い直し1箇所1500円+消費税

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

オーロラシューズ かかと部分修理です。

かの有名なオーロラシューズです。ミドルイングリッシュ、全体的には縁が少ないようなのでかかと部分のみ修理します。DSC04517

もう一足違うモデルのニューチャイニーズ。こちらもかかと部分のみ修理ですDSC04519

位置決めをしてスポンジ板を嵌めこむように約10mm削り込みます。DSC04518

ニューチャイニーズの方も同じように削り込みます。DSC04520

スポンジ板をかかと部分に嵌めこみ完成ですDSC04521

ニューチャイニーズの方もスポンジ板をはめ込んで出来上がりDSC04523

オイルレザーはあまり磨かないものですが、磨いてみました。DSC04522

この色はあまり光沢が目立ちませんが、結構光ってますDSC04524

それぞれ2300円+消費税です。

ソール交換や縫い付けの縫い直しなどももちろん対応しています。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

 

オーロラシューズ 紳士物です。

オーロラシューズです。以前当店で修理なさっています。DSC04093

かかと部分がかなり片減りしてますねDSC04094

ソール中央も大分減ってきています。修理当時はVibram#2060の取り扱いが無かったのでロゴ入りのソールシートを貼っています。今回はそのロゴ入りシートを交換しますDSC04095

早め早めに持ってきていただけるとシート交換のみで対応できます。DSC04104

ミッドソールとして手作りしたウェッジソール部分はそのままですDSC04105

オイルレザーなので磨かなくても良いのでしょうが、磨いちゃいましたDSC04106

8500円+消費税です

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

オーロラシューズ によく似た フラカップ というブランドの靴 ソール剥がれ修理です。

フラカップの紳士革靴です。ぱっと見た目オーロラシューズかと思っちゃいました。ソールはVibram#8383かな?DSC03257

中敷きにFracapというロゴが・・・。初めてのブランドです。DSC03258

接着が剥がれているようです。経年劣化でボンドが効かなくなったのでしょう。とりあえず分解しますDSC03259

ソールを少々荒らして接着し直しですね。DSC03260

接着した後靴の周りを軽く削って仕上げます。わりと明るい茶色なソールだったんですね。DSC03276

靴も磨いて完成です。DSC03277

2300円です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

 

Gallery Category