キズ補修

ソール交換 11500円+消費税 紳士カジュアルシューズ

紳士カジュアルシューズです

エアーが入ったウレタンソールが加水分解しています。

全部取ってしまうと美しく出来ないようなのでウェルトに相当する部分は残してみました

かかと部分はウェルトに相当するものが無いです。

爪先のマクリ上がった部分は革が削れています。樹脂系の補修材で分かりづらくしてみます

アウトソールは定番使用のVibram#2668

かかとと爪先にだけ茶色のゴムウェルトを貼ってアウトソールを取り付けました。後は削り仕上げ方法ですね

まずまず、見た目に変ではないように仕上がりました。これでまた履いていただけそうです

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

キズ補修と染直し 10000円+消費税 Cartier カルティエ バッグ

カルティエのバッグです

静かにCartierのロゴ

こちらは主張していますね。

小傷がかなりあります。使用頻度に従って増えていきますね

底のカーブの部分はかなり深い傷

底は当然あるでしょう

ライン部分は目立ちますね

ガンで塗料を吹かすのでマスキングしています

概ね傷はなくなってきました。

角や底の傷もきれいになりました

ライン上の傷も消えています

これなら持っていても恥ずかしくないでしょう

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

DIANA 婦人パンプス 靴磨き

ダイアナの婦人パンプスです。ラインが綺麗ですねDSC06974

DIANAのロゴ入りインソールDSC06975

汚れや擦り傷も目立ちますDSC06976

爪先の傷も目立ちますね。DSC06977

汚れを落として磨くとこんな感じですDSC06978

擦り傷は完全には消えませんが光沢は出せましたDSC06979

かかとゴムは早めにお持ちくださいねDSC06980

1000円+消費税です。

手提げバッグの擦り切れ部分補修

黒の手提げバッグです。ブランドはわかりません。DSC05787

ちょうどここがとく擦れるのでしょう。擦り切れて中身が見えています。持ち手を交換するのがベストですが。かなりいい値段します。補修材でとりあえずわかりづらくしてみましょう。DSC05788

残っている革をボンド接着して足らないところは革補修用のパテで穴埋めして色を入れています。これ以上をご希望でしたら、一桁変わりますのでお試しとすれば良い感じに出来ていますDSC05793

タフに使ったらまたご依頼ください。DSC05794

2000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

トートバッグのクリーニングなんだけど・・・

トートバックのクリーニングを承りました。DSC04507

汚れというよりも色あせと擦り傷がほとんどですね。DSC04508

底の角はかなり擦れています。バッグの色が淡い色なのでどうしてもクリーニングだけでは目立っちゃいます。染直しをすればある程度わかりづらくなりますが、平坦な色目になるのでどうかなあ。もちろんお客様はクリーニングだけで良いということですので・・・。DSC04509

色を染め直すのではなく磨きで光沢を出してみました。DSC04510

色あせはかなり解消されてきました。全体的に磨きで光沢を出したので、濃淡が違うところも多々ありますが、これなら許容範囲でしょうDSC04511

4000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

エナメル系鞄の取手付け根の割れ補修 

赤いエナメル系の鞄です。DSC04459

取っ手の付け根が4箇所とも割れが発生しています。縫い付けを解いて少し短くして隠しましょうか?ってお尋ねしたところ長さは変えないで欲しいということでしたので補修材で固めることにしましたDSC04460

革用パテと硬化剤その他材料を混ぜて、赤色に着色したものを綿棒で割れ傷を埋めていきます。すぐに固まらないので少し固まったらその上に厚塗して厚みを出していきます。DSC04462

写真では分かりづらいですが、傷も口が開かなくなり、当分は大丈夫でしょう。DSC04463

さっと乾拭きして完成です。DSC04464

1000円+消費税頂戴しました

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Christian Dior クリスチャン・ディオール トートバッグ 犬にかじられた取っ手など 修理

クリスチャン・ディオールのトートバッグです。オシャレです。P_20151005_181454

犬にかじられて取っ手がこんな状態です。こうなるとスポンジから表面の革も全部交換ですね。P_20151005_181504

底に近い部分もがりっと削られています。P_20151005_181513

こちらは底のほうDSC03299

革パテで穴を埋めて色付しました。流石にここは交換はできないのでキズ隠しのみDSC03329

取っ手は表面の革など全部交換です。根本のハトメは同じものが無いので汎用のものですが違和感無いですね。残念ですがこの部分は本部縫製工場で作業しています。DSC03330

ザクっと磨き上げて完成です。今度はお犬様に食われないようにお気をつけ下さい。DSC03331

15000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

 

Gallery Category