ダンスシューズ

repetto レペットバレエ系シューズ オールソール修理 その他多数 16500円+消費税 ここまで履くと直せないかも

レペットバレエ系シューズです。

ソールや靴本体に穴が開いています。

元々ソールが薄く、中底が無い作りのようで履き込むとすぐに穴が空くようです

本革ソールの周囲に段差をつけて、マッケイ縫いしてあります。縫い代は極端に狭いです。

靴本体の縫い代になる部分も裂けたり、千切れたりの部分がかなりあります

ここは千切れてなくなっています

靴本体の縫い代を作ったら、中底とアウトソールを接着し、マッケイ縫いで縫い合わせます。

ハーフソール補強とヒールに低めなゴムを取り付けて

中敷きも新しくして

横から見ると補強用の革の縫いつけ部分が目立っていますが、このあたりはご勘弁ください

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理  11500円+消費税 インソール修理2000円+消費税 Timberland ティンバーランドフィールドブーツ 加水分解

ティンバーランドフィールドブーツです。このモデルは初めてです。ヒール部分がふわふわするらしいです。

まずはインソールを抜くと中底になにか付着しています

インソールの踵と爪先のみウレタン製でこの部分が加水分解して脱落したようです。

しかし、中底も陥没しているらしく、ソールになにか不具合が発生していることが予想され分解してみます

ソールはオパンケ縫いしてありましたので縫い付けを切って分解してみました。

ソールの周りは合成ゴムですが、中身はウレタン層でここも加水分解しているため凹んでしまい中底が脱落したようです。

靴本体側のウレタンを取り除き、中底を元の位置に直します

加水分解しないと言われるEVAスポンジでミッドソールを作り縫い付けます

アウトソールは定番使用のVibram#1136黒です

インソールは裏のスポンジを全部取り除き、これもEVAスポンジの薄手のものを貼り付けて作り直しました

オパンケ縫いの縫い目はゴムウェルトでなんとか隠せました

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

かかとダンス革張替え2000円+消費税 婦人パンプス型ダンスシューズ

スタイリッシュなダンスシューズです。

かちかちになった?かかと表面。これダンス革じゃないような?

表面を削ると毛羽立ってきたのでダンス革だったんだ。

ダンス用の青革を貼り付けます。釘は厳禁なのでボンドのみです。

華麗に踊っていただきましょう。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

ダンス革でハーフソール補強 3500円+消費税 かかとは音がしないように 1400円+消費税

婦人パンプス型のダンスシューズです。でも全面ゴムですね

オリジナルのかかとゴムは硬いようでかつかつ音がします。交換です

普通のゴムソールですね。ダンスの種類によっては滑り止め効果でうまく踊れないかもしれませんね。

2層タイプのVibramかかとゴムです。音が小さなタイプです。用途でここにダンス革を貼ることもできます

青革というダンス革です。コバは黒に着色しましたが、ソール面はそのままで

思い通りのダンスができますように・・・。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

ハーフソール補強 2800円+消費税 サンバ用シューズ 

ダンスのサンバ用のブーツだそうです

爪先で踊るのか?爪先ばかりが激しく削れています。

厚手の合成ゴムクレープにしました。これならしばらく行けるんじゃないかな?

どうぞこれで弾けちゃって下さい!!

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

社交ダンス?シューズのヒールが加水分解して崩れちゃった

dsc06043

ヒールはウレタン製のようです。加水分解して豆腐が崩れるように割れていますdsc06044

きれいに取り除いてdsc06045

ブロックヒールを貼り付けます。高さも良いようです。ブロックヒールの表面を削って平にしたら・・・dsc06051

ダンス革(青革)を貼り付けます。釘は厳禁ですdsc06055

黒く塗ってほしい場合は塗ります。これで楽しんく、シャル・ウィ・ダンス!!dsc06056

3500円頂戴しました。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

岡山県で靴修理なら

靴修理やバッグ修理のお店をお探しの方は、岡山県倉敷市にある当店へ。ティンバーランドやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの革製品は長く使用する事ができますが、色あせたりキズがついたりしていつかは持てなくなってしまいます。愛着が湧いたアイテムはなかなか手離す事ができないものです。当店では、皆様が大切にされている革製品を修理いたします。靴修理もかばん修理もお任せください。色あせやキズが目立ってきたという方は、お問合せフォームからご連絡お待ちしております。

Chacott チャコット ダンスシューズ かかとを高くしてほしい 第3段

チャコットのダンスシューズです。DSC05688

さりげなくChacott主張DSC05690

スポンジ製のヒールですDSC05689

ベージュなダンスシューズDSC05691

ヒールはやはりスポンジです。DSC05692

オレンジなダンスシューズDSC05693

ChacottロゴDSC05695

これもやはりスポンジヒールです。表面を少々斜めに削ってDSC05694

元のヒールを斜めに削るのはそのままだとヒールの内側が高くなって接地面が平行にならないんです。ちょっとのことなんですがこれ重要DSC05701

もちろん磨いてDSC05702

前を3mmほど低くしています。DSC05705

磨いて完成DSC05706

一番後ろがご指定の2cmです。ソールに近い方は1.7cmくらいですDSC05701

踊りやすいイメージなったでしょうか?DSC05702

それぞれに1600円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

ウェッジソールなダンスシューズ かかとを高くしてほしい

ウェッジソールなダンスシューズです。DSC05696

ダンス革ソールがヒールを覆っています。これを高くして欲しいということなのでDSC05697

ヒールの根本から分解します。DSC05722

スポンジをウェッジ上にして根本に貼り付けます。これで高さが出ましたDSC05723

元に戻せば高さ2cmのかかとの出来上がりです。DSC05724

ザクっと磨きました。DSC05725

黒のダンスシューズ、こちらもウェッジソールなタイプですDSC05698

ヒールがソールの下にありますDSC05699

スポンジ材を内側にセットしまして高さを上げますDSC05707

元に戻すと2cmかかとの出来上がりですDSC05708

それぞれに2300円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category