デザートトレック

Clarks クラークスデザートトレック オールソール修理 430指定

クラークスのデザートトレックです。DSC05848

かかと部分にロゴマークです。DSC05849

ソールは厚手の生ゴムクレープ。柔らかくて歩きやすいんですが、熱に弱く、夏のアスファルトではぐじゅぐじゅになります。DSC05850

一気に分解するので表面の縫い付けを切っていきます。DSC05851

足が直接乗っかる中底はフェルト素材なので本革製の中底に変更します。DSC05852

フェルト素材の中底です。表面も痛み、変形しています。DSC05853

外したソールを使って中底を切り出します。DSC05856

中底縫い付けてミッドソール+アウトソールです。DSC05943

ソールアンドヒールはご指定のVibram#430のセットです。DSC05941

ミッドソールを挟んでいるので厚みはあります。DSC05942

生ゴムからの変更ではかなりイメージが変わりました。DSC05944

12500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Clarks クラークスデザートトレック デザートブーツ ミッドソールを増設します。

以前、私が修理したデザートトレックです。DSC05842

その時に剥がれやすいのでミッドソールをとおすすめしましたが、結果剥がれが起きています。履く環境にもよりますが、2度やり直しをしました。合成ゴムのミッドソールをかますと材質の親和性が増してはがれにくくなります。DSC05843

同じ修理内容でデザートブーツもDSC05844

こちらはかかと部分。通常では剥がれないようなところなんですが、どのような使用状況なんだろう不思議です。DSC05845

分解してみました。ボンドがなんとなく状態が悪いようにも感じます。DSC05846

ブーツの方も分解です。革の中底に直接 Vibram#430を貼り付けるのはよろしく無いかもしれませんが、通常は剥がれませんけど・・・。DSC05847

合成ゴムのミッドソールを増設しました。DSC05854

厚みが増えた分足着き感も変わると思います。DSC05855

ソールを貼り直して完成です。厚みがかなりました感じです。これで接着強度も上がったはずですので様子を見てくださいね。DSC05865

磨き直して完成です。DSC05868

ブーツの方もきっちりとDSC05867

靴も磨いて完成です。DSC05866

それぞれに 3500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Clarks デザートトレック 生ゴムソール Vibramへ交換

クラークスデザートトレックですDSC04099

生ゴムソールです。かなり痛みが見えます。厚みはまだ有りますが、交換です。白く見えているコバが中底です。フェルト素材なのでソール交換時には一緒に交換がベストですDSC04100

っということで一気に分解するため縫い付けを切っていきますDSC04101

分解完了ですDSC04102

外した中底を使って型を取り、革の中底を切り出します。DSC04103

靴本体に革の中底を縫い付けました。DSC04113

お客様のご希望で今回はトラクションソール白です。貼り付けました。まだ、はみ出しているところだらけです。削っていきますDSC04118

靴の形に削りこみ出来ましたDSC04135

中底のコバは色付なしの目止めのみです。DSC04136

出来るだけ汚れをとってみましたDSC04137

11500円+消費税+です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Clarks 紳士クラークスデザートトレック 生ゴムソール ソール交換

クラークスのデザートトレック 生ゴムソールですDSC03293

モデル名までは入っていないようですDSC03295

フェルト素材の中底に生ゴムのソールが貼り付けてあります。フェルト素材の中底は痛みが激しいので基本的には交換です。DSC03294

ステッチダウン製法の出し縫いの縫い付けを切っていきますDSC03296

ソールを一気に外しましたDSC03297

中底は本革に変更です。DSC03298

出し縫いミシンにて中底を縫い付けます。DSC03301

今回はお客様のご希望でトラクションソール白を選択。耐久性はかなりアップです。DSC03314

中底のコバは色を付けず、表面処理のみです。革の色残し。DSC03315

縫い付けは元あった穴を狙って縫い合わせています。DSC03317

靴も磨いて完成です。DSC03316

11500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category