トレッキングシューズ

RED WING レッドウィング エンジニアブーツ スーパーソール 加水分解 オールソール修理12500円+消費税

レッドウィング エンジニアブーツ スーパーソールです。

モデル名は書いてないですね

加水分解して粉々しくなっています

分解自体は一体物として分解できますが、接着剤がかなり強力です

段差があるので埋めます。

全面にコルク板を型取りしてはめ込みます

合成ゴムのミッドソールを縫い付けます

仕上げはVibram947ASPEN ガムライトスポンジ

結構厚みがあります

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

ソール交換 寒冷地仕様 11000円+消費税 滑り革修理 2800円+消費税 ECCO エコーカジュアルシューズ

えこーです。滑りやすいところも歩くそうです

滑り部分が破れています。

かなり削れて滑りやすくなっているそうで、寒冷地仕様にします

凹凸をすべて削り込み平らな面に仕上げます。これがキツかった

滑り部分に革を縫い付けて破れを隠します

Vibram#1319 雪用に開発されたソールです

横から見ても違和感がないように削り込みます

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理  11500円+消費税 インソール修理2000円+消費税 Timberland ティンバーランドフィールドブーツ 加水分解

ティンバーランドフィールドブーツです。このモデルは初めてです。ヒール部分がふわふわするらしいです。

まずはインソールを抜くと中底になにか付着しています

インソールの踵と爪先のみウレタン製でこの部分が加水分解して脱落したようです。

しかし、中底も陥没しているらしく、ソールになにか不具合が発生していることが予想され分解してみます

ソールはオパンケ縫いしてありましたので縫い付けを切って分解してみました。

ソールの周りは合成ゴムですが、中身はウレタン層でここも加水分解しているため凹んでしまい中底が脱落したようです。

靴本体側のウレタンを取り除き、中底を元の位置に直します

加水分解しないと言われるEVAスポンジでミッドソールを作り縫い付けます

アウトソールは定番使用のVibram#1136黒です

インソールは裏のスポンジを全部取り除き、これもEVAスポンジの薄手のものを貼り付けて作り直しました

オパンケ縫いの縫い目はゴムウェルトでなんとか隠せました

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 加水分解 Timberland ティンバーランドフィールドブーツ

ティンバーランドフィールドブーツです。このタイプのソールは初めてみました

ウレタン系の一体型ソールですね。加水分解している状況です

焼印のロゴが入っています。

ソールを除去したら、ゴムウェルトを貼り付けます

加水分解しないと言われるEVAスポンジのミッドソールを貼り付けます

マッケイミシンで縫い付けます。

両足とも縫い付け完了

仕上げは定番使用のVibram#1336黒です

結構厚みがあります

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 10500円+消費税 MERRELL メレルウェダネス ミッドソール再利用

メレルウェダネスです。

MERRELLの刻印が入っています

ちょっと珍しい、スポンジ土台にアウトドア系のソールシート。こんな部品無いのでVibram#1136にて修理します

まずは分解。

ヒール部分が高くなっているので全部平らにします。

平になったスポンジ部分を剥がれ防止に、マッケイ縫い付けします

仕上げにはVibram#1136黒

元のソールより若干厚手になります

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 11500円+消費税 Timberland ティンバーランド 初めて見るモデル

ティンバーランド フィールドブーツです。このモデルは初めてです

ゴム製の腰巻きのようなものがぐるりと貼られています。オリジナルでこれなんだろうか?

溝はなくなりつつあります。

上から見た状態。とりあえず分解してみます

分解は特に問題なくできました。腰巻きはソールの内側につけてあります。意味が解りません

この接着跡をどうにかしないと見た目に残念ですね

少し削って平にしてみます

ツルツルにはならないようです。

ゴムウェルトを貼り付け

EVAスポンジのミッドソールを貼り付けます

いつものようにマッケイミシンで底縫いです

アウトソールは定番使用のVibram#1136黒です

ごっつい感じに仕上がりました

靴も磨いて完成です。上から見ると問題ないか?

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 Timberland ティンバーランドフィールドブーツ チェック柄布の場合

ティンバーランドフィールドブーツです。チェック柄布のタイプですね。ソール剥がれです

靴本体に直接接着しているタイプなので再接着では正直不安です。オールソール修理をおすすめしました

分解はいとも簡単。塩ビ系のソールは接着強度が出にくく難しい部類です。これを機にオールソール修理します

ゴムウェルトを貼り付けて

EVAスポンジのミッドソールを貼り付けます。今回は茶色を選択です

マッケイミシンでズバズバ縫っていきます

両足とも縫えましたら

アウトソールを貼ります。Vibram#1136 黒がおすすめです。他の色はロゴマークが同色で黒だけが黄色です。

サイドビューはこんな感じ

ザクッと洗浄して完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 Timberland ティンバーランドフィールドブーツ 使い込んでます

ティンバーランドフィールドブーツです。いろんなモデルがありますね

ソールが剥がれてきています。STEEL TOEとあるのでエンジニア系ですね

かかとも大分減ってきています。これを機会に交換です。

ソールとウェルトを分解しましたら、貼ってあるスポンジの色が左右違います。何か意味があるのかな?

白いゴムウェルトを貼り付けます

EVAスポンジのミッドソールを貼り付けます

マッケイミシンで縫い付けます。

仕上げはVibram#1136ベージュ ハニー系です。

サイドから見ると各層色が違います

ざっくり洗浄して完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

 

 

オールソール修理 11500円+消費税 ブーツ丸洗い 3000円+消費税 Timberland ティンバーランド ソールはすでに無い

ティンバーランドのショートブーツです。

薄手の合成ゴムのミッドソールが縫い付けてあります。特に問題ないですが、これではクッション性が心もとない

表面のボンドをできるだけ落とし

クッション性を上げるためにEVAスポンジのミッドソールを1枚縫い付けます

仕上げにはVibram#1136黒です。

厚みがぐっと増して履き心地はかなり変わったと思います

お客様のご要望で丸洗いを行いました。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 11500円+消費税 履き口スポンジ張替え8000円 Timberland ティンバーランドフィールドブーツ 履きすぎちゃった感

ティンバーランドフィールドブーツです。

ソールは当然のように剥がれています

中底がソールに張り付いて靴本体から外れかかっています

この履き口スポンジは真っ直ぐなタイプじゃあないので元のきれいな形での再生は難しいです。とりあえず張替えのみ

まずはソールの分解

中底が外れているので元の位置に戻して接着

ウェルト貼ってミッドソールを貼り付け

マッケイ縫いしてガッチリ強度アップ

スポンジを外しました。形がいびつで難しそうだ

真ん中破れてるし、張替えできるかなあ?

形は美しくないけどなんとかしてみました。誰か張り替え方教えてほしい。

ソールはハニー系のVibram#1136

これでまた当分履いていただけそうですね

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

Gallery Category