バッグ

合成皮革なバッグ 割れ修理

真っ赤な合成皮革のバッグです。以前、持ちての付け根を補修材を使って割れを直したんですが、また割れてもっとひどい状態です。

持ち手の付け根がぱっくり割れです。補修材では保たないようなのでどうしましょう。

袋の方も割れが始まっています。

割れたところを見ると布が見えています。合成皮革ということですね。

補強に巻いたナイロンテープです。4箇所とも巻きます。

赤の革を巻いて縫い付けます。エナメルは弱いのでスムスレザーにて2重に巻いています。

袋本体の割れは補修材でいけそうなので固めました。

今度は長持ちしてくれると思います。

6000円+消費税です。

お問い合わせ

岡山県で修理なら

靴修理やバッグ修理のお店をお探しの方は、岡山県倉敷市にある当店へ。ティンバーランドやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの革製品は長く使用する事ができますが、色あせたりキズがついたりしていつかは持てなくなってしまいます。愛着が湧いたアイテムはなかなか手離す事ができないものです。当店では、皆様が大切にされている革製品を修理いたします。靴修理もかばん修理もお任せください。色あせやキズが目立ってきたという方は、お問合せフォームからご連絡お待ちしております。

BREE 紳士ショルダーバッグ パイピングやストラップベルト交換

BREEの紳士ショルダーバッグです。かなり使い込んでいらっしゃるようで、全体的に革も汚れが目立ちます。

問題はこういったパイピング部分です。かなりの範囲が擦り切れています。革研究所本部縫製工場で一括して直しています。

ストラップベルトは割れが目立ちご希望は裏に革を当ててというレベルでしたが、縫製部では新しく作り直すべきと判断したため、ちょっと予算が上がりました。

約1ヶ月で工場から戻ってきたバッグは別物かと思えるほどしっかりと修理できておりました。これならお客様に安心してお渡しできます。

しっかりとパイピングが交換されています。

ベルトは新しく作り直したもの。これならまた何十年か使っていただけそうです。

全体的な汚れは私が処理しておきました。かなりレベル高い修理です。

33000円+消費税です。

お問い合わせ

岡山県で鞄やバッグの修理なら

靴修理やバッグ修理のお店をお探しの方は、岡山県倉敷市にある当店へ。ティンバーランドやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの革製品は長く使用する事ができますが、色あせたりキズがついたりしていつかは持てなくなってしまいます。愛着が湧いたアイテムはなかなか手離す事ができないものです。当店では、皆様が大切にされている革製品を修理いたします。靴修理もかばん修理もお任せください。色あせやキズが目立ってきたという方は、お問合せフォームからご連絡お待ちしております。

手提げバッグの擦り切れ部分補修

黒の手提げバッグです。ブランドはわかりません。DSC05787

ちょうどここがとく擦れるのでしょう。擦り切れて中身が見えています。持ち手を交換するのがベストですが。かなりいい値段します。補修材でとりあえずわかりづらくしてみましょう。DSC05788

残っている革をボンド接着して足らないところは革補修用のパテで穴埋めして色を入れています。これ以上をご希望でしたら、一桁変わりますのでお試しとすれば良い感じに出来ていますDSC05793

タフに使ったらまたご依頼ください。DSC05794

2000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

婦人トートバック 持ち手交換 白系のスムースレザーをナチュラル系のヌメ革に交換

天然素材の編みこみトートバックです。DSC05051

白系のスムースレザーな持ち手がついています。DSC05052

黄いぶって汚れも目立ちます。クリーニングしてもあまり綺麗にはならないでしょう。DSC05053

裏のほうが汚れが目立ちます。DSC05054

っということでナチュラル系のヌメ革に交換して欲しいというご希望です。使い込めばいい味になるかなあって想像されています。長さは短くして欲しいということで2/3くらいにします。金具と縫い付けを解いて外します。DSC05057

ヌメ革の持ち手を縫い付けてカシメ金具で補強です。DSC05058

肩からは掛けられない長さがご希望でしたのでハンドバックレベルにしました。使い込んでいい味にして下さいね。DSC05059

8000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

 

トートバッグのクリーニングなんだけど・・・

トートバックのクリーニングを承りました。DSC04507

汚れというよりも色あせと擦り傷がほとんどですね。DSC04508

底の角はかなり擦れています。バッグの色が淡い色なのでどうしてもクリーニングだけでは目立っちゃいます。染直しをすればある程度わかりづらくなりますが、平坦な色目になるのでどうかなあ。もちろんお客様はクリーニングだけで良いということですので・・・。DSC04509

色を染め直すのではなく磨きで光沢を出してみました。DSC04510

色あせはかなり解消されてきました。全体的に磨きで光沢を出したので、濃淡が違うところも多々ありますが、これなら許容範囲でしょうDSC04511

4000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

エナメル系鞄の取手付け根の割れ補修 

赤いエナメル系の鞄です。DSC04459

取っ手の付け根が4箇所とも割れが発生しています。縫い付けを解いて少し短くして隠しましょうか?ってお尋ねしたところ長さは変えないで欲しいということでしたので補修材で固めることにしましたDSC04460

革用パテと硬化剤その他材料を混ぜて、赤色に着色したものを綿棒で割れ傷を埋めていきます。すぐに固まらないので少し固まったらその上に厚塗して厚みを出していきます。DSC04462

写真では分かりづらいですが、傷も口が開かなくなり、当分は大丈夫でしょう。DSC04463

さっと乾拭きして完成です。DSC04464

1000円+消費税頂戴しました

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

BRUNO MAGLI ブルーノマリのショルダーバッグ 取手が抜けちゃった

Bruno magliブランドの婦人ボストンバッグです。お洒落な金具がいい感じですDSC03539

取手の付け根が抜けちゃってます。よく見ると只のボンド付け。縫い目がありません。これではボンド劣化したらひとたまりもありませんね。DSC03540

この辺りから、巻きつけた内側に向かって縫い合わせました。針を金具のところを通すのは難易度高かったです。DSC03583

ギュッと引っ張っても大丈夫です。DSC03582

ロゴマークもこれで生きてきますねDSC03584

現状抜けていない他の3箇所も同じように縫い付けました。安心して持っていただけますねDSC03585

3000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Christian Dior クリスチャン・ディオール トートバッグ 犬にかじられた取っ手など 修理

クリスチャン・ディオールのトートバッグです。オシャレです。P_20151005_181454

犬にかじられて取っ手がこんな状態です。こうなるとスポンジから表面の革も全部交換ですね。P_20151005_181504

底に近い部分もがりっと削られています。P_20151005_181513

こちらは底のほうDSC03299

革パテで穴を埋めて色付しました。流石にここは交換はできないのでキズ隠しのみDSC03329

取っ手は表面の革など全部交換です。根本のハトメは同じものが無いので汎用のものですが違和感無いですね。残念ですがこの部分は本部縫製工場で作業しています。DSC03330

ザクっと磨き上げて完成です。今度はお犬様に食われないようにお気をつけ下さい。DSC03331

15000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

 

Louis Vuitton ルイ・ヴィトン ロザン ビジネスバック 加水分解の内張り交換

ルイ・ヴィトンのビジネスバッグ ロザンです。強固なイメージの本格的ビジネスバッグですね。DSC02564

残念なことに車の中に放置していたため、内張りが劣化してボロボロ状態です。内張りは合成皮革なんですね。

コレは表の外ポケットDSC02568

後ろの外ポケットも同じような状態DSC02569

メインの内張りですが、それほどひどい状態ではないですが、ところどころ剥げています。DSC02570

中ポケットです。こちらもボロボロDSC02571

剥がした内張りの残骸です。DSC02927

メインのバッグ内。美しくなりました。DSC02921

外ポケットです。合成皮革では無く、シャンタン生地にて交換です。これなら加水分解せず、痛みも少ないでしょう。DSC02922

もう片方の外ポケットDSC02923

中のポケットもOKですね。DSC02924

外も軽くクリーナーで磨けばヴィトンのマークも浮き上がってきました。DSC02925

バリバリビジネスがんばってくださいね。DSC02926

45000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category