パイピング

ソール剥がれボンド接着2000円+消費税 履き口スポンジ破れ修理1500円+消費税 NIKE ナイキバスケットボールシューズ

ナイキバスケットボールシューズです。

アウトソールがペロリンと剥がれています。これはボンド接着で対応します。

履き口のスポンジ部分が破れています。

一旦全部分解してボンドを塗り直します。

革を縫い付けてボンドを塗ったら折り返します

折り返したらパイピング状に貼り付けて

表の縫い目に合わせて縫い付けます

ザクッと洗浄して完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理12500円+消費税 DOLOMITE ドロミテコルチナ ここまで履きました!滑り革とパイピングも

ドロミテコルチナです。履き潰された感じです

ブロックパターンが無くなるってあまり見たことないですね

履き口も傷んでいます。

珍しくアウトソールが簡単に剥がれました

ミッドソールの糸を表面を削って切リます。

合成ゴムのミッドソールを剥がします。

一度ソール交換されたのか革のミッドソールです。亀裂があるので交換です

ミッドソールを取り除くとこんな感じ

本革のミッドソールを縫い付けます

合成ゴムのミッドソールを貼り付けます

アウトソールは定番のVibram#1136黒

コバはかなり厚めになってます。

滑り革とパイピン処理です。

これでまた何年か履いていただけそうですね。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

滑り革修理 2800円+消費税 小指部分修理2000円+消費税 CONVERSE コンバースオールスター

コンバースのオールスターです

滑り部分の布が破れてなくなっています。

パイピング部分の破れはどうしようかなあ?

靴の中、小指のあたりの破れ。これは革を貼って補強します

まずは小指部分の補強を。革を貼り、一部縫い付けました。

滑り部分は大きめに革を貼り縫い付けました

パイピング部分の破れはちょっと工夫して分かりづらくしています。企業秘密

これでまたしばらく履いていただけますね。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

履き口の破れ修理 2500円+消費税 new balance ニューバランススニーカー

ニューバランススニーカーです。

左右とも前の方の一部に破れ有り

部分的によく似た革を貼り付け補強に縫い付けます

美しい仕上げとは行きませんが、質実剛健的な強度はアップです。

ぱっと見た目はわかりづらいと思います。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

婦人ミドルブーツ 胴回りカットします

婦人ミドルブーツです。ふくらはぎがきつくなって履けなくなったということでカットします。DSC07311

お客様のご希望に沿ってくるぶしのちょっと上。DSC07312

カットした切り口が美しくないので革を短冊に切ってDSC07313

貼り合わせDSC07314

内張りとの間に挟んで縫い付けます。ファスナーの端も金具処理していますDSC07317

少しはきれいに見えるでしょうか?DSC07329

靴も磨いて完成です。DSC07330

4000円+消費税です。

合成皮革なバッグ 割れ修理

真っ赤な合成皮革のバッグです。以前、持ちての付け根を補修材を使って割れを直したんですが、また割れてもっとひどい状態です。

持ち手の付け根がぱっくり割れです。補修材では保たないようなのでどうしましょう。

袋の方も割れが始まっています。

割れたところを見ると布が見えています。合成皮革ということですね。

補強に巻いたナイロンテープです。4箇所とも巻きます。

赤の革を巻いて縫い付けます。エナメルは弱いのでスムスレザーにて2重に巻いています。

袋本体の割れは補修材でいけそうなので固めました。

今度は長持ちしてくれると思います。

6000円+消費税です。

お問い合わせ

岡山県で修理なら

靴修理やバッグ修理のお店をお探しの方は、岡山県倉敷市にある当店へ。ティンバーランドやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの革製品は長く使用する事ができますが、色あせたりキズがついたりしていつかは持てなくなってしまいます。愛着が湧いたアイテムはなかなか手離す事ができないものです。当店では、皆様が大切にされている革製品を修理いたします。靴修理もかばん修理もお任せください。色あせやキズが目立ってきたという方は、お問合せフォームからご連絡お待ちしております。

BREE 紳士ショルダーバッグ パイピングやストラップベルト交換

BREEの紳士ショルダーバッグです。かなり使い込んでいらっしゃるようで、全体的に革も汚れが目立ちます。

問題はこういったパイピング部分です。かなりの範囲が擦り切れています。革研究所本部縫製工場で一括して直しています。

ストラップベルトは割れが目立ちご希望は裏に革を当ててというレベルでしたが、縫製部では新しく作り直すべきと判断したため、ちょっと予算が上がりました。

約1ヶ月で工場から戻ってきたバッグは別物かと思えるほどしっかりと修理できておりました。これならお客様に安心してお渡しできます。

しっかりとパイピングが交換されています。

ベルトは新しく作り直したもの。これならまた何十年か使っていただけそうです。

全体的な汚れは私が処理しておきました。かなりレベル高い修理です。

33000円+消費税です。

お問い合わせ

岡山県で鞄やバッグの修理なら

靴修理やバッグ修理のお店をお探しの方は、岡山県倉敷市にある当店へ。ティンバーランドやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの革製品は長く使用する事ができますが、色あせたりキズがついたりしていつかは持てなくなってしまいます。愛着が湧いたアイテムはなかなか手離す事ができないものです。当店では、皆様が大切にされている革製品を修理いたします。靴修理もかばん修理もお任せください。色あせやキズが目立ってきたという方は、お問合せフォームからご連絡お待ちしております。

Dolomite ドロミテコルチナ 履き込んだ年代物の逸品 修理する所だらけ

イタリアの有名ブランド ドロミテコルチナです。DSC03889

まずはアッパーの糸切れによる口開きDSC03890

ソールはミッドソールが崩れているのが見えます。DSC03891

靴の中、滑り革もかなり傷んでいます。DSC03892

パイピング部分も破れたり、擦れていたり・・・DSC03893

ソールは当然のように穴あきです。ここまでなってると新しく購入したほうが安くつくかもしれません。DSC03894

では分解です。ソールをはがすと、ミッドソールが出てきます。思いの外、痛みは少ないようですが、もう1層のミッドソールが崩れているのでこれも剥がします。縫い付けを切っていきますDSC03895

もう1層のミッドソールです。ここが問題ですね。板紙を使用しているので何年かすると必ず傷んできます。DSC03896

板紙のミッドソールを取りました。やっと靴の中底が出てきました。プラスティックのシャンクは使えそうです。DSC03897

縫い目の穴に縫い糸が残ってないか確認です。DSC03898

糸切れした所を縫い直していきます。手縫いです。かなりの広範囲でしたDSC03968

左右とも都合4箇所です。DSC03969

滑り革修理しています。ここに革を縫い付け靴の中に折り返して貼り付けます。DSC03973

ミッドソールを縫い付けています。DSC03981

オリジナルは板紙でしたが、本革のミッドソールに格上げしています。DSC03982

本革のミッドソールに合成ゴムのミッドソールを貼り付けます。アウトソールとの接着性能を上げる理由もあります。オリジナルはここも一緒に縫ってありますが、今後の修理を考えると縫い付けず接着のみにしています。DSC03983

アウトソールは定番のVibram#1136黒ですDSC03984

ミッドソールが2層あるのでかなりゴツいです。DSC03985

着色と靴磨きで完全復活です。DSC03988

今回は22360円でした。修理内容や金額はお問い合わせ下さい。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

破れちゃった履き口 どうしようかなあ?婦人パンプス コンフォート系

コンフォート系の婦人パンプスです。何度も修理していますDSC03831

半ソールが剥がれてきています。爪先は極薄になってますので交換しますDSC03833

問題はこれです。以前破れたところに革を縫い付けましたが、そのすぐ横をまた破っちゃってます。DSC03832

しかもかなり悲惨な状態。これだけ面積の広い所を革で覆うとなるとデザイン的にかなりいけてないことになっちゃいますねえ。DSC03834

残っている皮の部分をボンド付けして後は革パテというアクリル系補修材を使って肉盛りして固めました。履き口のトップの所は弱いのでパイピング処理して半月の革を縫い付けてます。何とか見た目にも違和感少なめで出来たかなあと思います。DSC03871

ハーフソール補強はイタリアのカサリ社のものです。DSC03872

できるだけ優しく脱ぎ履きして下さいね。今度破れたらもう無理かもしれませんので・・。DSC03873

破れ修理2500円+消費税 ハーフソール補強2300円+消費税

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Timberland カスタム修理 ティンバーランドブーツ ご要望にできるだけ答えてみました

てょっと昔のモデルのティンバーランドブーツです。DSC03717

ソールはVibramのような合成ゴム仕様 濃い飴色ですねDSC03718

まだまだ、この状態でも暫くは大丈夫でしょう。DSC03719

いい感じに枯れてきているような雰囲気。この靴をお客様のご希望の形にカスタムします。DSC03720

まずは分解です。インジェクションの製法ではないので熱とシンナーを使えばこうやって分解できますDSC03724

ソールは分解できましたDSC03725

メーカーが使うボンドってグルーが多いようですね。DSC03726

ティンバーランドでは普段は使用しない革のミッドソールです。DSC03762

オリジナルはセメンテッド製法のボンド接着仕様ですが、カスタム仕様、強度アップのため縫い付けます。この場合マッケイ縫いがよろしいかと思います。DSC03763

マッケイ縫い完成です。DSC03764

革面にVibram#1136は接着強度が出にくいので合成ゴムのミッドソールを追加します。DSC03771

ソールはVibram#1136黒です。DSC03790

靴の高さを低くして欲しいということでまず、クッションを取り除きます。DSC03779

この部分が邪魔なのでカットします。DSC03780

パイピングでは無く、切り口は見えるトップに革を挟む仕様。DSC03794

今まではなかった、バックステイにクリップを取り付けです。もちろん手作りです。DSC03795

ウェルトも革の縫い付きですDSC03793

今回は出し縫いはしていませんので擬似の縫い目です。DSC03796

上部を上から見た感じです。手作り感いっぱいですね。DSC03797

ここまででカスタム仕様完成です。お客様に頂いた参考画像を見ながらそれに近づけるようしてみました。DSC03798

もちろん、靴も磨いて完成です。

ティンバーランドオールソール 10500円 ミッドソールマッケイ縫い付け2200円 スポンジ部分カット縁取り4000円 バックステイクリップ取付け3000円 縫い付き革ウェルト差額分500円以上税別です。

お客様のご希望に沿うように出来る限りの知恵を絞りたいと思います。ご相談下さい。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category