ブーツ

オールソール修理13500円+消費税 Clarks クラークスデザートブーツ ダイナイト仕様 

クラークスのデザートブーツです。

オリジナルロゴもかなり年季が入っていますね

生ゴムクレープソールですが、お客様のご希望で ダイナイトソールに変更です

中底も交換するので縫いつけを切って一気に分解です

まずは本革の中底を接着します。

中底を出しぬいミシンで縫い付けます

プツプツなポイントが特徴的なイギリスはダイナイトソールです

クッション性が生ゴムと比べると落ちるのでスポンジ系のミッドソールを挟んでいます

ザクッと洗浄して完成です

 

ファスナー交換 6000円+消費税 ドクターマーチン 

ドクターマーチンブーツです

ファスナーの布の部分が破れています。本体交換です

縫いつけを切って取り外します

スライダーはそのまま再利用しています。新しいファスナーを縫いつかたら完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

GT-HAWKINS GT-ホーキンス オールソール修理 12500円+消費税 滑り革修理 2800円+消費税 

GT-ホーキンスのエンジニアブーツです。あまり見かけないモデルですね

ここまで履いちゃいましたか・・・

ソールはウレタンの一体型ですが、概ね形が崩れず分解できました

滑り部分はかなり破れています

跡形が汚いので革を周囲に貼り付けて、ゴムウェルトを貼っています

貼った革を補強として縫い付けます。つま先の先端はミシンが届かないため縫えません

EVAスポンジのミッドソールを縫い付けます

滑り部分は大きめに革を縫い付けます

アウトソールは定番のVibram#1136黒です

結構厚みが出ました

靴も磨いて完成です

 

オールソール修理 13500円+消費税 RED WING レッドウィング スーパーソール 加水分解

レッドウィングエンジニアブーツ スーパーソールです。

ゴアテックスですね。

ソールはウレタン製で加水分解しています。このモデルの修理は大変です

ここまでソールを取り除くのはかなり重労働。ねちゃねちゃソールが取れないんです。

ウレタンが埋まっていたところは段差がかなりあります

コルク板で段差を埋め、入っていた樹脂のシャンクを入れます。

合成ゴムのミッドソールを縫い付けます。ウェルトは縫い付け用の体部ではないためまっすぐ縫えません。申し訳ないです

靴の幅が広いため幅が広いVibram#947ASPENを使用します。スポンジ系です

削り面はスポンジですね

縫い付けタイプのウェルトでないため無理やり縫っています。真っ直ぐに縫えていません。

一応靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

 

オールソール修理12500円+消費税 シフトパッチ取り付け2000円+消費税 HARLEY-DAVIDSON ハーレーダビッドソン ライダーブーツ

ハーレーダビッドソンのライダーブーツです。

かなりすり減って来ています

滑るそうです。

ロゴの型押しマーク

シフトパッチが無いので取り付けます

ダイレクトに縫い付けてあったソールを分解

この縫い付け糸はもちろん全部抜きます

前半分にミッドソールがついています

ヒールの腰巻きがないので本革で作ります マッケイ縫いで荒く縫い付け

ソールを縫い付けています。ラフレンボールという手回しの出し縫いミシンです

縫い付け完了です。ソールはVibram#430

左足の甲に革を縫い付けますこれは八方ミシンです。

左右の甲の違い

ヒールはソールと同じタイプが狭く装着できないので#700ヒールを取り付けました。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

婦人ブーツ ウェッジヒール オールソール修理 11500円+消費税

婦人ロングブーツです。

周りはスタック革が貼ってあるようですが、ヒール本体はウレタンのようです

底を剥がすとウレタンはむき出しになってきました

かなり高さがあります。これをハンドで成形するのは難しいですね

何段もEVAスポンジを積み上げて高さを出しました。

ソールは婦人用のペダラ柄ソールです。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

ソール交換 10500円+消費税 DANNER ダナー ウェッジヒールタイプ

ダナーのウェッジヒールタイプのショートブーツです

SIMPSONモデルということでしょうか。

後ろは結構痛みがあります

コーナー修理がしてありますが、土台のスポンジのウェッジはほとんど削り込まれてないのでそのまま交換できそうです

ソールを分解しました。少々ヒールを削りますが、概ね問題ないでしょう

Vibram#148ソールで仕上げです

剥がれが生じないよう釘を余分に打ち込んでいます。

バックスキンのようなので軽く洗浄して完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 Clarks クラークスデザートブーツ ぴよぴよ音鳴り

他店で#1136にカスタムしたものです。剥がれたので自分で接着したらピヨピヨ鳴るそうで分解してみます。

中底は本革を使っているようです。

縫い付けの糸が細いので縫い直します。

接着強度を上げるため、合成ゴムのミッドソールを貼ります

アウトソールは同じVibram#1136黒です。新品に取り替えです

中底のコバに着色して

全体を軽く洗浄して完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 11500円+消費税 Timberland ティンバーランド 初めて見るモデル

ティンバーランド フィールドブーツです。このモデルは初めてです

ゴム製の腰巻きのようなものがぐるりと貼られています。オリジナルでこれなんだろうか?

溝はなくなりつつあります。

上から見た状態。とりあえず分解してみます

分解は特に問題なくできました。腰巻きはソールの内側につけてあります。意味が解りません

この接着跡をどうにかしないと見た目に残念ですね

少し削って平にしてみます

ツルツルにはならないようです。

ゴムウェルトを貼り付け

EVAスポンジのミッドソールを貼り付けます

いつものようにマッケイミシンで底縫いです

アウトソールは定番使用のVibram#1136黒です

ごっつい感じに仕上がりました

靴も磨いて完成です。上から見ると問題ないか?

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 Timberland ティンバーランドフィールドブーツ チェック柄布の場合

ティンバーランドフィールドブーツです。チェック柄布のタイプですね。ソール剥がれです

靴本体に直接接着しているタイプなので再接着では正直不安です。オールソール修理をおすすめしました

分解はいとも簡単。塩ビ系のソールは接着強度が出にくく難しい部類です。これを機にオールソール修理します

ゴムウェルトを貼り付けて

EVAスポンジのミッドソールを貼り付けます。今回は茶色を選択です

マッケイミシンでズバズバ縫っていきます

両足とも縫えましたら

アウトソールを貼ります。Vibram#1136 黒がおすすめです。他の色はロゴマークが同色で黒だけが黄色です。

サイドビューはこんな感じ

ザクッと洗浄して完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

Gallery Category