プラダスポーツ

オールソール修理 10500円+消費税X2足 PRADA プラダスポーツ加水分解 2足いっぺんに

プラダスポーツです。ブラック

劣化が進み剥がれ始めています

プラダスポーツ グレー色

ソールを分解してまくり部分のウレタンを削り取るとこんな感じになります

グレー色の方も作業は同じ

周りに着色してゴムウェルトを貼り付けます

グレー色の方は色合わせが必要ですね。黒に数滴白を混ぜて・・・。

ソールを貼り付けて削り込み成形します

Vibram#2668で仕上げています。こちらはグレー色

黒の方も作業は同じ

定番使用のVibram#2668

黒のほうが艶が出やすいなあ

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理10500円+消費税 PRADA プラダスポーツ 加水分解により

プラダスポーツです。ソールの表面層は大丈夫そうなんですが・・・。

アウトソールを剥がして、加水分解したウレタン層を削り取ります。靴本体も削らないと取れません

アウトソールは問題ないですが、再利用はできません。

靴の周りに着色してゴムウェルトを貼り付けます

ソールは定番使用のVibram#2668黒です

サイドビューはこんな感じでウレタンの跡形は残ります。

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 11500円+消費税 PRADA プラダスポーツスニーカー ハイカットタイプ

プラダスポーツスニーカーです。初めて扱うモデルです

ソールやインソールの赤いラインが主張しています

ソールがかなり削れてヒビが入っています。交換しますが、

直付けの薄手のソールでかかと部分にゴムが仕込まれています

ソールが張り付いていた跡形を補修材で埋めます

ゴムウェルトを貼り付けて

EVAスポンジ材のミッドソールを貼り付けて

ここでマッケイミシンの登場です。

両足とも縫えました

かかと部分を斜めに高くします。

仕上げはVibram#1030

これ結構耐久性が有るソールです。ウェッジソールの出来上がりです

オリジナルよりミッドソールのおかげで足着き感は柔らかいと思います。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 10500円+消費税 PRADA プラダスポーツ スニーカー 加水分解

プラダスポーツスニーカーです。

赤いラインがプラダの特徴

ソールは加水分解して崩壊しています。豆腐が崩れるように・・・。

左くらいになるように処理をしていますが、跡形は残ります

取り付けたのは当店定番のVibram#2668ゾーゲ色

ウェルトは同じ色がないので白のものを使用しています

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理11500円+消費税 プラダスポーツ ソールはすでに無い #148ソールにて

プラダスポーツのスニーカーです。ソールは加水分解したらしくすでに無いです

靴の作りは流石にきちんとされています

ロゴ入りインソールが主張します

ゴムウェルトを貼り付けたら、EVAスポンジ材のミッドソールを貼ります

マッケイ縫いで縫い付けます

EVAスポンジ材の傾斜板でヒールの高さを出します

お客様ご希望のVibram#148ソールです。フラットなソールなのでウェッジが必要なんです

かなりゴツい感じに出来上がりました。ダナーのようなイメージです

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

ソール交換 10500円+消費税 PRADA プラダのミドルブーツです。

PRADA プラダの婦人ミドルブーツです。

ソールが真ん中から割れちゃってます。

結構パキパキ!

ヒールはプラダ特有の赤いライン入り

ソールを分解しました

マクリ部分はボンドがよく効くように革が削ってあります。

革を貼り付け、隠します。

丸いゴムウェルトを靴の周りに貼り付けます

ソールはオーソドックスなVibram#1030

ヒールはEVAスポンジ材で作っています。

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

加水分解にてオールソール修理10500円+消費税 PRADA プラダスポーツ

加水分解したソールがボロボロしています。

ほとんど原型をとどめていませんね。

ウレタン部分をできるだけヘラで取り、若干サンダーで削りました。

サイドのマクリ部分は色はつけれますが、ツルツル感は出せませんねえ。

ギザギザウェルトを巻いてソールを貼り付けます。

ソールは当店定番のVibram#2668黒

磨けるところは磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

PRADA プラダスポーツのスニーカー 加水分解にて オールソール修理

プラダスポーツのスニーカーです。

PRADAの赤いロゴが主張しています

薄手のアウトソールは大丈夫なんですが、アンコになっているウレタン層が加水分解しています。こうなると履けませんね。

ソールを分解するのはかなり大変な作業です。ここまで来るのに1時間近く、閉口します。

マクリ部分のウレタン層は削り取りますので革の表面は色落ちします。

黒く着色したら、ゴムウェルトを貼り付けます。

ソールは定番のVibram#2668黒です。

サイドから見たところ。マクリ部分は跡形がどうしても残ります。ご勘弁ください。

靴のイメージデザインは随分変わりましたが、今後もしっかり履いていただけるでしょう。

10500円+消費税です。

お問い合わせ

岡山県で靴修理なら

靴修理やバッグ修理のお店をお探しの方は、岡山県倉敷市にある当店へ。ティンバーランドやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの革製品は長く使用する事ができますが、色あせたりキズがついたりしていつかは持てなくなってしまいます。愛着が湧いたアイテムはなかなか手離す事ができないものです。当店では、皆様が大切にされている革製品を修理いたします。靴修理もかばん修理もお任せください。色あせやキズが目立ってきたという方は、お問合せフォームからご連絡お待ちしております。

PRADA プラダスポーツ スニーカー 加水分解にて オールソール修理

プラダスポーツのスニーカーです。DSC05769

例によってソールのあんこ部分が加水分解してパカパカになっています。DSC05770

アウトソールをはがすと悲惨な状態です。これは手で取れないのでグラインダーで削りますDSC05771

ざっくり削り取れました。白いものはプラスティック製のシャンクですDSC05772

サイドのまくり部分もウレタンが残っています。DSC05773

革は痛みますがウレタンを削り取ります。DSC05774

補修材を使って色を付けます。色が違うところはボンドを塗ってあるところですDSC05777

ギザギザウェルトで見た目を整えますDSC05778

仕上げは定番使用のVbram#2668黒ですDSC05784

違和感なく使用できる状態になりましたDSC05785

タウンで活躍してもらいましょうDSC05786

10500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

PRADA 婦人用プラダスポーツスニーカー 加水分解にて オールソール修理

このモデルで婦人靴は初めてです。紳士用は何例か手がけました。DSC05191

アウトソールはまだ健在ですが、間に挟まっているウレタン層が加水分解しています。DSC05192

ベリベリしています。DSC05193

手で引っ張っただけでこの通りボロボロと分解されていきます。DSC05194

加水分解がかなり進んでいますね。DSC05195

アウトソールと大まかなウレタン層は取り除けました。DSC05196

こうして分解してみると紳士用とはかなり作りが雑のようです。シャンクも入っていないし、アッパーも縫い付けていない。只のボンド付け。DSC05197

マクリの有るサイドの部分です。接着良くするためか?マクリの部分を削っているようです。よく見ると穴が開いています。これは私の作業ミスではありません。DSC05198

かかとに近い部分です。ササクレだって穴が開きそうな状態。ウレタンを溶かして吹き付けるインジェクション方式ならではでしょう。固めて見えなくしてたんでしょうね。DSC05199

穴を埋めるため、革用パテとその他添加剤で穴を塞ぎできるだけわかりづらくしてみました。DSC05245

マクリ部分の跡形はなくなりました。ゴムウェルトは白色です。DSC05244

ソールは当店で定番のVibram#2668ゾーゲ色DSC05243

何とか復活してくれました。DSC05246

11000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

 

Gallery Category