ラフレンボール

オールソール修理 12500円+消費税 DOLOMITE ドロミテコルチナ 

ドロミテコルチナの黒です。

距離は歩かれていないようです

履き口に破れがあります。パイピング処理を行います

1層目のミッドソールに切れ込みを入れて糸を切り一気に分解します。

ソール部分は分解できましたが、板紙のミッドソールはまだ、靴本体に残っています

まだ少し残っていますが、これで概ね靴本体の状態です。

糸も残さず取り除きます

本革のミッドソールを出し縫いします。

履き口に短冊に切った革を巻き付け縫い付けます

アウトソールは定番使用のVibram#1136黒です

太めな糸で縫い付けています

靴も磨いて完成です。って最後の写真はピントが来て無いぞ!!

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理12500円+消費税 縫直し1箇所1000円+消費税 パイピング2500円+消費税 DOLOMITE ドロミテコルチナ 履き込んでます

ドロミテコルチナです。

劣化して固くなっているようです

履き口が破れています

モカシンの縫い付けが解れています。

縫い付けを切りながらソールをミッドソールと一緒に分解していきます

1層目のミッドソールは板紙なので長く使っていると劣化して割れてきます

縫い付け糸はきれいに抜きます。穴が結構大きいです

ミッドソールを取り除いたところです。

ミッドソールを縫い付けています。

1層目は板紙でしたが耐久性を考えて本革製のものに変更しています

モカシン部分縫直し

アウトソールは定番のVibram#1136黒です

履き口にパイピングを施し、コバは茶色に染めて

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 Clarks クラークスネイチャーII ソールは既に無い 加水分解

バックスキンなクラークスネイチャーIIです。ソールは加水分解して既にありません

手持ちのダンボールで作ってある型で中底を抜きます

接着ドメして

ラフレンボールという手回しの出し縫いミシンで縫い付けていきます。

縫い付け完了です

アウトソールは当店定番のVibram#2668黒です

中底のコバは茶色に着色

染みが目立っていたので洗浄と着色などで目立たなくしてみました

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

ソール交換と縫い付け縫直し 10500円+消費税と2000円+消費税です 紳士オーロラシューズ ミドルイングリッシュ 

オーロラシューズ ミドルイングリッシュです。

結構履き込まれてますね、かなり削れているヒール部分

オーロラシューズはよくこのあたりの縫い付けが切れて口が開くようです

ソール交換するのでミッドソールを残して分解です。

縫い目が見える状態なのでミシンで縫いつけます

糸が切れていないところも含めて全体を縫い直しました。糸は極太です

ソールはVibram#2060 Vibramの大きなロゴが特徴です

口が開いていたところはもちろん縫い付けてますので大丈夫です

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 11500円+消費税 Timberland ティンバーランド ショートブーツ 加水分解して割れてます

ティンバーランドのショートブーツです。

ソールが劣化してパキパキ割れています。穴も空いていますね

側面の縫い目から割れています

白く見えているのはゴアテックスです。これが袋状にソールに嵌っているので厄介です。

分解しました。ゴアテックスの袋が靴本体の縫い付け部分より長く、外へ出ているのが見て取れます

GORE-TEXのロゴもありますね

このまま、ミッドソールを縫い付けると靴の中野空有感が狭くなってしまうので、インソールを削って調整してみましょう

合成ゴムのミッドソールを貼り付けます

靴本体に出し縫いします

アウトソールはVibram#2668です

土踏まずの急カーブにもうまく沿いました。後はインソールで調整です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

 

オールソール修理 12500円+消費税 Clarks クラークスネイチャー3 本来はお断りしているモデルなのですが・・・

かなり履き込まれてソールもつるつる、かかとに穴が空いています

ここまで激しく穴が開くと交換が必須ですね

横から見てもあまり分からないですが、後ろの縫い目がせり上がっています

こう見るとよくわかりますね。平面的でなく湾曲した縫い付けでインソールのほうが下にあります。縫い付けで空間確保ができません

分解してみるとかかと突先がせり上がっています。

中底を縫い付けました。平面に見えると思います。若干湾曲していますが、奥の手を使ってソールの湾曲部分を補完してみました。

金属シャンクを追加します。これは歩き疲れ防止の意味もあります

仕上げはいつものVibram#2668

かかと部分が湾曲せずまっすぐなっています。

なんとか形にできました。これでしばらく履いていただけそうです

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 11500円+消費税 Clarks クラークスネイチャーII 加水分解ではない交換

クラークスネイチャーIIです。

ソールは加水分解ではなく、しっかり歩いて減ってきたための交換。ぜひこうであって欲しい

縫い付けを切って分解します。厚手のインソールの下はすぐアウトソール。

縫い付けの糸はもちろん全部抜いていきます

ここからカメラが変わって写真がでかくなります。中底を縫い付けています。

結構端の方を縫うことになります。

裏表の縫い付けの状態

アウトソールを貼って周りを削り込みます。中底のコバは黒色に着色

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 その他 13500円+消費税 CHIPPEWA チペワエンジニアブーツ かなり履き込まれています

見た目にもすごく履き込まれたチペワエンジニアブーツです。

これはVibram#430が取り付けてあるのでどこか他店で修理されたようですね

ヒールの釘が効いていないのか浮いています。

ヒールとソールを分解したところです。ミッドソールは革のようです。特に問題なさそうなのでそのまま使います

アウトソールを縫い付けた縫い目が見えています。出し縫いです

靴底の縫い目はこんな感じ。結構内側を縫っているように見えますね。ソールはVibram#700

釘では心許ないのでスクリューネジを3本打ち。釘9本分の強度

靴の中からも4本打ち。これでソールが浮くことはないでしょう

ヒールを取り付けます。

ヒールの高さを合わせるため、革を1段分挟んでいます

ハゲハゲに少々着色して完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 Clarks クラークスデザートブーツ 生ゴムソールをVibramにて

クラークスデザートブーツです。

オリジナルのインソール Desert Boot とあります

中底も交換するので一気に分解です。

中底はフェルト素材でしたが、本革製のものに交換です。出し縫いしています

当店定番使用のVibram#2668黒です

中底のコバは今回は着色無しで目止めのみ

縫い付けを上から見た図

軽く洗浄して完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理11500円+消費税 Clarks クラークスデザートブーツ 生ゴム仕様を変更

クラークスのデザートブーツです。

インソールのロゴは消えちゃっていますね

生ゴムソールのヒール部分です。ミッドソール近くまで削れています

縫い付けを切って一気に分解です

分解したソールを使って中底を切り出します。中底は本革製です

靴本体に出し縫いにて縫い付けます。

アウトソールは当店では定番のVibram#2668黒です

中底のコバは黒色に着色しています

スエードなので軽く洗浄して完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

Gallery Category