ラフレンボール

オールソール修理12500円+消費税 DOLOMITE ドロミテコルチナ ソール割れです

まだまだしっかりしているように見えるドロミテコルチナです。

DOLOMITEの刻印ロゴ

両足ともパックリとソールが割れています。かなり激しいですね

ミッドソールも割れているようです。

一気にソールを分解しました。合成ゴムのミッドソールと板紙のミッドソール

板紙のミッドソールもこのように割れています

ミッドソールまですべて分解するとこのような状態です。作りはしっかりしています

板紙ではなく、本革のミッドソールを縫い付けます。

合成ゴムのミッドソールは次の修理を見越してボンド接着です。

仕上げは定番のVibram#1136黒です。

オリジナルよりミッドソールがしっかりしているのでがっしりとした感じです

靴も磨いて完成です。 また、タフに履いてください。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 Clarks クラークスネイチャー 加水分解にてソールパッカン

クラークスネイチャーです。加水分解してかなりの期間保管してたようです

縫い目を残してソールがパッカン割れしています。

修理途中の写真を写すの忘れてた・・・・。

修理はいつもどおり、革の中底縫い付けて、Vibram#2668黒で仕上げています

出し縫いの縫い目は一応元の穴にヒットしている雰囲気

当店では定番の修理になってます。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理11500円+消費税 Clarks クラークスランブラー 加水分解にてソールパッカン

クラークスランブラーです。加水分解しています

右足パッカン割れ、左も縫い目でパッカンです。

加水分解したソールを取り外し、縫い付けの糸もきれいに取り除きます

革の中底を貼り付け、このあと縫い付けます

貼り付けたソールは当店定番のVibram#2668黒です

中底のコバは茶色に着色

出し縫いのステッチも見えています。靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 Clarks クラークス モデル名はよくわかりません 加水分解してます

結構特徴的なデザインでいけてますね。モデル名はよくわかりません。

靴本体もずいぶんくたびれて来ています。

縫い付けの糸もきれいに取り除きます

ソールがすでに無いので手持ちの型紙で中底を切り抜きます

まずは接着して

出し縫いミシンで縫い付けていきます

当店では定番のVibram#2668黒です

中底のコバは茶色に着色

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 12500円+消費税 AVIREX アヴィレックス エンジニアブーツ

アヴィレックス?というブランドのエンジニアブーツです。

ソールに穴が空いてミッドソールが見えています。ここまで履いた方は初めて。

AVIREX これがブランド名でしょうか?

まずはヒールを取り外します。釘だらけです

縫い付けを切って分解します。ミッドソールは問題なさそうです。

Vibram#430ソールを貼り付けます。

出し縫いします。

ヒールはもともとついていたものを再利用します。

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

 

 

 

オールソール修理10500円+消費税 縫直し1500円+消費税 オーロラシューズ 

オーロラシューズ ミドルイングリッシュ 茶色です。

縫い付けが切れて口が開いています

ソールを剥がしたところです。

少し目立ちますが、太めな糸で縫い付けます

ソールはVibram#2668です。

オーロラシューズには少し厚手かも!

遠目に見れば気が付かないか?

磨くと結構光沢が出ますが、オイルレザーにこれは邪道かな。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

ソール交換 10500円+消費税 ほつれ縫直し1500円+消費税 オーロラシューズ

オーロラシューズです。

縫い付けの糸が切れて口が開いています

ソールは交換しますので分解します

同じ太さの糸ではまた切れる恐れがあるので3倍以上太い糸で縫い付けました

今回はVibram#2668に押してみました。

思いの外厚みがあった。次回からはVibram#2060のほうが良いかな。

太い糸は紀にしなければ目立ちません

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理11500円+消費税 Clarks クラークスデザートトレック

履き込まれたクラークスデザートトレック ソールの生ゴムもぶよぶよしてます

デザートトレックのロゴはここに

縫い付けの糸が切れて口が開いています。ここから分解します

糸を切って一気に分解

中底はフェルト系素材なので劣化が早いです

外したソールを使って中底を切り出す。もちろん本革です

靴本体に中底を縫い付け

今回はお客様のご希望でVibram#2668ゾーゲ色

中底のコバは着色なしのトコノール仕上げ

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理11500円+消費税 Clarks クラークスラシュトン 加水分解にてソール割れ

クラークスラシュトンというモデルのようです

ソールは加水分解してパカパカ割れちゃってます

ラシュトンというモデルはマジックテープです

片足のソールはなんとか原型をとどめているのでこのソールで中底を切り出しました

中底の周りをのりしろ分漉きます

中底を貼り付けて

出し縫いします。

定番使用のVibram#2668

中底のコバも着色して

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 Vibram#430仕様 REGAL リーガル紳士革靴

リーガル紳士革靴です。

ソールが割れています。リーガルの靴のソール割れは結構な頻度で見ますね

まずはブロックヒールを外します。

ここまで多くの釘が必要なのかいつも疑問に思っています

ソール表面を削り込んで縫い付けの糸の頭を切ります。

分解できました。ウェルトの残っている糸を処理します

ご希望のVibram#430ソール直縫いです。

元の縫い穴にヒットしたでしょうか?ここが難しいところですね。

Vibram#430ヒールを取り付けて

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

Gallery Category