ルイ・ヴィトン

染みが出て染め替えです。26400円+消費税 Louis Vuitton ルイ・ヴィトンセカンドバッグ

レモン色の表面に赤系の染みがかなり目立ちます。

とってもお洒落なヴィトンのセカンドバッグ

隅の方にも浮き出ている染み

これは目立っちゃいます。

ご希望は紅色ということで本部工場と相談させていただき、少し暗めの赤系に落ち着きました。

染みはもちろんわからなくなっています。今後も染みが出てもわかりづらいでしょう。

もちろん全体を染め替えています

エナメル加工が必要なのでお値段はかなりしておりますが、きれいになりました。

 

LOUIS VUITTON ルイヴィトン紳士革靴 爪先補強

ルイヴィトンの紳士革靴ですdsc06471

LOUIS VUITTONのロゴ入りソール。ちょっと変わった縫い付け方ですねdsc06472

爪先が斜めになってきたので補強するんですが、滑り止めゴムがあるため部分的に削りたかったんだけど、滑り止めゴムにかからないようにしてほしいということで小さく取り付けます。dsc06473

接着面積が狭いのでボンドが効くと良いのですが・・・。dsc06474

合成ゴムの爪先用傾斜板を貼り付けました。なんとか収まりました。dsc06488

これでしばらく大丈夫でしょうdsc06489

1000円+消費税です。

お問い合わせ

岡山県で靴修理なら

靴修理やバッグ修理のお店をお探しの方は、岡山県倉敷市にある当店へ。ティンバーランドやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの革製品は長く使用する事ができますが、色あせたりキズがついたりしていつかは持てなくなってしまいます。愛着が湧いたアイテムはなかなか手離す事ができないものです。当店では、皆様が大切にされている革製品を修理いたします。靴修理もかばん修理もお任せください。色あせやキズが目立ってきたという方は、お問合せフォームからご連絡お待ちしております。

ルイヴィトンの紳士革靴 ソール剥がれ 縫い付けちゃいます

以前ハーフソール修理したルイヴィトンの紳士革靴です。DSC05857

ロゴ入り中敷き。静かに主張していますね。DSC05858

ソールが剥がれてきています。ボンド接着で対応できますが、強度がほしいということで縫い付けることになりましたDSC05859

一旦ソールを外して接着をやり直し。ヒールも一緒に難なく外れましたのでこのままでやり直しますDSC05860

マッケイミシンで縫い付けていきます。DSC05861

縫い付けることができるのは前半分のみです。DSC05863

ヒールの部分は靴の中からビス止めします。これで完璧です。DSC05862

中敷きを元に戻して完成です。DSC05864

3000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Louis Vuitton ルイ・ヴィトン ロザン ビジネスバック 加水分解の内張り交換

ルイ・ヴィトンのビジネスバッグ ロザンです。強固なイメージの本格的ビジネスバッグですね。DSC02564

残念なことに車の中に放置していたため、内張りが劣化してボロボロ状態です。内張りは合成皮革なんですね。

コレは表の外ポケットDSC02568

後ろの外ポケットも同じような状態DSC02569

メインの内張りですが、それほどひどい状態ではないですが、ところどころ剥げています。DSC02570

中ポケットです。こちらもボロボロDSC02571

剥がした内張りの残骸です。DSC02927

メインのバッグ内。美しくなりました。DSC02921

外ポケットです。合成皮革では無く、シャンタン生地にて交換です。これなら加水分解せず、痛みも少ないでしょう。DSC02922

もう片方の外ポケットDSC02923

中のポケットもOKですね。DSC02924

外も軽くクリーナーで磨けばヴィトンのマークも浮き上がってきました。DSC02925

バリバリビジネスがんばってくださいね。DSC02926

45000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category