レッド・ウィング

オールソール修理 10500円+消費税  中敷交換2000円+消費税 RED WING? レッドウィング サイドゴアブーツ 本物?

ゴアゴムタイプのショートブーツです

RED WINGとありますが、レッドウィングのレベルにないような靴です。

ソールはVibram#2021です。パターンはほぼ消えています

ソールを剥がすとこんなミッドソールが貼り付けてあります。

接着が弱いようなのでマッケイミシンで無理やり縫い付けました

レッドウィング仕様に近づけるため、Vibram#4014白

ミッドソールはベージュですね。

中敷きもぼろぼろだったので交換しました。全敷タイプです

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

 

 

エンジニア オールソール修理 13500円+消費税 RED WING レッドウィングエンジニアブーツ

レッドウィングエンジニアブーツです。

ゴムのハーフソールが一緒に縫い付けられているタイプです。残念ですが当店では縫い付けできません

ヒールはワンピースのブロックヒールです

まずは分解。ヒールはソールに直付け

エンジニアのヒールって釘がムダに多いよなあ。

革ソールを貼り直したら、先に縫い付けて、後からハーフソールとヒールを取り付けます

ハーフソールは縫い付けできません、ご了承下さい

ソールの縫い付けは生成りの糸です。

タフさは少し減りますが、今後の修理は簡単ですのでお財布には優しくなります。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

 

REDWING レッドウィングエンジニアブーツ トラクションソール交換

かなり履き込まれたレッドウィングエンジニアブーツですねDSC07198

型番が書かれてないのでモデル名が分かりませんDSC07200DSC07201

ミッドソールまで行ってないので問題はなさそうです。DSC07199

加熱してボンドを劣化させると剥がしやすくなります。もちろん例外もありますが。DSC07206

分解完了。ミッドソールに問題ないようなのでこのままソールを貼り付けますDSC07207

Vibram#4014です。お薦めはこちらです。DSC07211

サイドから見た感じDSC07212

磨いてみましたが、型崩れまでは直せません。シューツリーを入れて保管ください。DSC07213

9,800円+消費税です。

 

 

REDWING レッドウィングアイリッシュセッター 丸洗いクリーニング

レッドウィングアイリッシュセッター です。

足の短い犬タグです。

リユースでお求めになられたようで一応丸洗いしてみたいということです。黒いシミは取れないことが多いです。 靴の中もクリーニングしたいということで

まずはじゃぶじゃぶ水洗いです。

専用ソープを泡立てて柔らかいスポンジで洗っていきます

靴の中も優しく泡で洗浄です。

泡がなくなるように拭い取って行きます。水洗いはしません。ソープの保湿成分を残すためです。乾いたタオルで拭き取ったら、陰干しをします。

乾いたら、デリケートクリーム塗り込んで補色クリームで磨き上げます。これで完成ということになりました。

2000円+消費税です。

お問い合わせ

岡山県で靴修理なら

靴修理やバッグ修理のお店をお探しの方は、岡山県倉敷市にある当店へ。ティンバーランドやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの革製品は長く使用する事ができますが、色あせたりキズがついたりしていつかは持てなくなってしまいます。愛着が湧いたアイテムはなかなか手離す事ができないものです。当店では、皆様が大切にされている革製品を修理いたします。靴修理もかばん修理もお任せください。色あせやキズが目立ってきたという方は、お問合せフォームからご連絡お待ちしております。

レッドウィング スエードジーンズブルーな珍しいモデル かかと部分修理です

ジーンズブルーなスエードのレッドウィングです。DSC05601

羽タグ8144DSC05602

かかと部分だけ直して欲しいということでコーナー修理しますDSC05603

傾斜板を貼るところを削り込みます。DSC05604

ホワイト系の傾斜板です。DSC05605

次回はソール交換の時期が来ると思いますよDSC05606

2300円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

REDWING 紳士レッドウィングエンジニア系 トラクションソール交換

レッドウィング スエードの茶色 エンジニア系ブーツですDSC05492

羽タグ #8878DSC05493

かかと部分はミッドソールにかなり迫ってますね。交換時期ですDSC05494

ミッドソールにダメージを加えないように、分解の時が神経を一番使います。DSC05495

よく張り付いていたためソールが少々残ってます。これは縫い付けを切らぬように削り取ります。DSC05496

定番ですね。Vibram#4014白です。DSC05497

スエードはザクっと軽く洗浄して色を復活させています。DSC05498

9800円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

カスタム修理 ゴールデンレトリバー エンジニアブーツ ペコスブーツ オールソール修理 #100へ

エンジニアブーツのペコスブーツタイプです。レッドウィングではありません。DSC05368

GoldenRetrieverってアイリッシュセッターに対抗したんでしょうか?DSC05369

バイク乗りの方のブーツで着地した時滑るらしく、ゴツゴツな滑りにくいソールにして欲しいということでカスタム修理と致しますDSC05370

ヒールを取り除いたら、縫い付けの糸を切るため、ソールの端を削ります。これでソールが簡単に分解できます。DSC05371

ソールを外したところです。中ものはスポンジですね。この辺は傷んでいないので触りません。DSC05374

かかと部分の縫い付けのない所は鉢巻が有ります。DSC05375

まずは、本革のミッドソールを貼り付けますDSC05382

ランディスという底縫い用のミシンで出し縫いをしていきますDSC05383

縫い付け完了です。DSC05384

概ね元の縫い穴にヒットしているようです。100%は無理なのでご勘弁下さい。DSC05385

ゴツゴツソールといえばVibram#100ですね。当店では残念ながら#100を直接縫い付ける事ができるミシンはありません。この場合はミッドソールのみ縫い付けてアウトソールは接着ですDSC05386

プラ系のヒールは無いので革の積み上げで高さを調整します。あまりジャブジャブ水の中にはいかないで下さいDSC05387

ヒールももちろんVibram#100です。これはセットですねDSC05393

ヒールやコバを着色して磨きます。DSC05394

バイク用カスタム修理完成です。DSC05395

13500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

 

REDWING 紳士レッドウィング ペコスブーツ かかとゴム交換 

レッドウィングのペコスブーツです。何か違うような感じ。DSC05302

羽タグ 2268 レッドウィング間違いないDSC05303

このヒールトップが何故か登山タイプDSC05304

木ねじで止まっている。どうもお客様ご自身で修理をされていたようです。ほとんど留まっていない状態ですけどね。DSC05305

木ねじが左右それぞれ2本づつ。よく頑張りましたね。DSC05306

木ねじを回して抜くだけでトップのゴムは簡単に取れました。ボンド接着していなかったような感じです。DSC05307

ボンドは塗った跡があるから、接着できてなかっただけのようです。DSC05308

ペコスブーツには左のようなフラットなタイプが多いですが、お客様のご要望でパターンの深いタイプ、Vibram#100ヒールを選択しましたDSC05310

専用工具がないのでエンジニア系のヒールの半円カーブがうまく作れません。ご勘弁下さい。できるだけ違和感がないように削ってみましたが・・。DSC05311

靴も磨いて完成です。DSC05312

3300円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

REDWING 紳士レッドウィングアイリッシュセッター ベージュのスエード ソール交換 トラクションソール

ベージュなスエードの紳士レッドウィングアイリッシュセッターです。DSC05280

犬タグです。DSC05281

根限り履き倒しましたね。ギリギリいっぱい、ここ辺りまでならミッドソール交換無しで対応できそうです。DSC05282

ソールを分解しました。ボンドがかなり強力でところどころ残っています。この後は糸を切らないように残った部分を削り取りますDSC05283

Vibram#4014ホワイトDSC05289

ミッドソールも軽く一緒に削って白くなりました。DSC05290

スエードは軽く洗浄して、完成です。またまた履き倒して下さいね。DSC05291

9800円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category