出し縫い

オールソール修理 13500円+消費税 紳士革靴 本革ソール 半革ラスター 

スタイルのいい紳士革靴です

本革ソールに穴が空いています。限界ですね

半革ラスターもギリギリ限界です。

まずはヒールを取り除き

縫いつけの糸が隠れているので削り取ります。

ソールを分解知ると思いの外、状態は良いようです

この縫い付けの糸をひと目ひと目取り除きます。この作業が一番手間がかかります

本革ソールを縫いつけます。一般的にはヒール部分は貫通式の釘を打ちますが、当店ではスクリューネジでガッチリ留めます

積み上げヒールに半革ラスター山型。ゴムのハーフソールを貼って完成です

縫い目は目立たず、そこそこに元穴を拾っています。

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

チペワエンジニアブーツ オールソール修理12500円+消費税 小指傷部分修理3000円+消費税 

チペワのエンジニアブーツです。他店でソール交換したそうで#100が装着されています

小指部分が裂けて穴が開きそうです。ここは革で覆って見えなくします。

オリジナルはフラットタイプだったそうでVibram#700で仕上げてみます

まずは分解、状態は良いようです。

オリジナルが縫い付けされていたかどうかわからないのでアウトソールは縫いつけは無し。ヒールはスクリューネジで留めました

ヒールももちろんVibram#700セットでの交換です。

ミッドソールのコバは茶色に塗りました。

左右ともに小指部分が亀裂があったので革を縫い付けています

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 11500円+消費税 クラークス デザートトレック

クラークスのデザートトレックです。

オリジナルロゴ入りインソール。トレックとブーツの違いがいまだわからず

ソールはまだありますが、ベタベタ感が激しく交換になります

中底も交換するので一気に分解です

中底を縫いつけたら、Vibram#4014白で仕上げです

レッドウィングなどに使われている白いソールに近いものです

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 Clarks クラークス ネイチャーII 滑り革修理2800円+消費税

クラークスネイチャーIIです。

加水分解ではなく履き込まれて穴が空くほどです

縫いつけを切って 分解です

本革の中底を縫いつけます。

かかと内側滑り革修理も行って

アウトソールは定番のVibram#2668 これは茶色です。

本革の中底のコバは茶色に着色して

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

 

 

オールソール修理13500円+消費税 Clarks クラークスデザートブーツ ダイナイト仕様 

クラークスのデザートブーツです。

オリジナルロゴもかなり年季が入っていますね

生ゴムクレープソールですが、お客様のご希望で ダイナイトソールに変更です

中底も交換するので縫いつけを切って一気に分解です

まずは本革の中底を接着します。

中底を出しぬいミシンで縫い付けます

プツプツなポイントが特徴的なイギリスはダイナイトソールです

クッション性が生ゴムと比べると落ちるのでスポンジ系のミッドソールを挟んでいます

ザクッと洗浄して完成です

 

REGAL リーガル 紳士革靴 オールソール修理Vibram#430仕様 中底交換 2足いっぺんに

リーガル紳士革靴 黒色です

こちらは見ての通り 茶色です

黒の方は中敷きが有りません

茶色の方はオリジナル中敷きにロゴマーク

どちらも同じ工程です。まずはブロックヒールを取り外します。ソールは出し縫いと釘打ちです

こちらはヒールも縫いつけてあります。目が細かく縫ってありますね

ソールを取り外すと中底が割れています。これはかなり致命傷です。

右足は割れたのでは無く、革が縮んでいるようです。初めて見ました。

靴の中を確認できないまま受注しましたのでお客様にご連絡の上、中底交換になりました

布製のリブテープに接着してあるタイプなので当店でも対応できそうです。中底自体にウェルトを縫いつけているタイプのものは残念ですが当店では対応できません。

割れた中底を使って新しい中底を切り出します。

新しい中底を接着しました

コルクも新しくしてシャンクを接着

黒の靴は腰巻きタイプなのでここも作ります

簡易的にビス止め

ソールを接着したら、出しぬいします。このミシンは手回しの出し縫いミシンです

Vibram#430は模様があるため、真ん中に入れるのが難しいです

2足とも縫いつけ満了です

ヒールも取り付けます。もちろん同じVibram#430のヒールです

新しい中底です。

靴も磨いて完成です

 

 

 

オールソール修理 11500円+消費税 Clarks クラークスデザートトレック 

クラークスデザートトレックです。

生ゴムソールがかなり削れてきています

オリジナルロゴ入りインソール

縫いつけを切って一気に分解です

中底は亀裂が多数。

本革製の中底を縫いつけます。

ご希望のソールはVibram#4014白

コバは無色のものを塗っています

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

DOLOMITE ドロミテコルチナ オールソール修理12500円+消費税 滑り革修理2800円+消費税

ドロミテコルチナです。

滑り部分も修理が必要です。

アウトソールを分解するとミッドソールの縫い目が出てきます

板紙部分のミッドソールです。もう少し削り取り縫いつけ糸も全部抜きます

本革のミッドソールを縫いつけていきます

両足とも縫いつけ完了です

合成ゴムのミッドソールを貼り付けたら、アウトソールを貼ります

アウトソールは定番のVibram#1136黒です

滑り部分に革を貼って縫いつけます

白い糸が結構主張しています

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

DOLOMITE ドロミテコルチナ オールソール修理12500円+消費税 履き口パイピング2500円+消費税 

ドロミテコルチナです。

アウトソールを分解します。

ヒール部分に小石が詰まっていました

お客様の手で穴を開けて鉄を入れ込んであり、その穴から小石が混入したものと思われます。

ミッドソールの縫いつけを削ります

板紙のミッドソールに亀裂が入っています。もちろん交換です。

ここまで分解して靴本体のみになりました

本革のミッドソールを縫いつけていきます

両足とも縫い上がりました

合成ゴムのミッドソールはボンド接着です。

履き口に亀裂が多数あります

短冊状の革を貼って縫いつけます

傷を覆うようにすれば強度がアップします

アウトソールはVibram#1136黒です

ミッドソールのコバは茶色に着色しています

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

RED WING レッドウィング エンジニアブーツ スーパーソール 加水分解 オールソール修理12500円+消費税

レッドウィング エンジニアブーツ スーパーソールです。

モデル名は書いてないですね

加水分解して粉々しくなっています

分解自体は一体物として分解できますが、接着剤がかなり強力です

段差があるので埋めます。

全面にコルク板を型取りしてはめ込みます

合成ゴムのミッドソールを縫い付けます

仕上げはVibram947ASPEN ガムライトスポンジ

結構厚みがあります

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

Gallery Category