染直し

キズ補修と染直し 10000円+消費税 Cartier カルティエ バッグ

カルティエのバッグです

静かにCartierのロゴ

こちらは主張していますね。

小傷がかなりあります。使用頻度に従って増えていきますね

底のカーブの部分はかなり深い傷

底は当然あるでしょう

ライン部分は目立ちますね

ガンで塗料を吹かすのでマスキングしています

概ね傷はなくなってきました。

角や底の傷もきれいになりました

ライン上の傷も消えています

これなら持っていても恥ずかしくないでしょう

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

革ジャンバー 部分染め 5000円+消費税 色落ち 茶色系

紳士革ジャンバーです。

前身頃に目立つ色落ち

背中にもよく見ないとわからないが

こちらは染みですね。こっちのほうが問題だなあ。

色合わせに時間がかかりますが、色さえ決まれば後は吹かして。

部分染めでも結構きれいになります

背中の染みもわからなくなりました。

全体的に色止め剤と光沢だ出るように表面加工して完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

部分染直し 4800円+消費税 REGAL リーガル紳士革靴 黒ではない濃いグレー?

リーガル紳士革靴です。

インソールのロゴがおしゃれですね

バッテリー液を垂らして色が抜けたそうです。

両足とも有りますね

色合わせにかなり苦労しましたが、色さえ合えばあとはエアガンで吹かして

色止め剤を吹かして完成です

見た目も問題ありません。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

染直し7500円+消費税 かかとゴム交換1600円+消費税 婦人カジュアルシューズ 白は難しいです。

婦人カジュアルシューズです。擦り傷多いです。

靴の内側がかなりひどいですね。白く染めるにはかなり厚塗しないと下地の色が出ます

かかとのゴムも交換します。

かかとゴムを交換して周りを赤で着色

問題の内側の状態。傷は見えなくなりました。多少色ムラ気味ですが、白色はどうしても色むらが出ます。

擦り傷を入れないように履いてくださいね。

 

染みが出て染め替えです。26400円+消費税 Louis Vuitton ルイ・ヴィトンセカンドバッグ

レモン色の表面に赤系の染みがかなり目立ちます。

とってもお洒落なヴィトンのセカンドバッグ

隅の方にも浮き出ている染み

これは目立っちゃいます。

ご希望は紅色ということで本部工場と相談させていただき、少し暗めの赤系に落ち着きました。

染みはもちろんわからなくなっています。今後も染みが出てもわかりづらいでしょう。

もちろん全体を染め替えています

エナメル加工が必要なのでお値段はかなりしておりますが、きれいになりました。

 

REGAL 色落ち リーガル紳士革靴 部分染め直し

リーガルの紳士革靴です。

REGALブランドです。

お子様のサッカーボールが靴にあたっていたためこの部分の茶色が抜け、サッカーボールの方へ色移りして色が抜けてしまったそうです。そんなことがあるんですねえ。これは正直困りました。

アニリン染めなのか、脱脂の段階で色がかなり抜けます。それでも色抜けのところはわかってしまう程度です。

色合わせしますが、アニリンのまばらな風合いを出すのはとても厄介でです。

少し濃い目に色を入れて、水やシンナーで拭き取り、何層か塗り直します。

右足の風合いに近づいたでしょうか?まだらな感じが再現が難しいので、お客様に見ていただいて、このあたりで色止め剤を吹かして仕上げです。

色止め剤を靴全体に吹かして仕上げました。

3000円+消費税です。

お問い合わせ

岡山県で靴修理なら

靴修理やバッグ修理のお店をお探しの方は、岡山県倉敷市にある当店へ。ティンバーランドやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの革製品は長く使用する事ができますが、色あせたりキズがついたりしていつかは持てなくなってしまいます。愛着が湧いたアイテムはなかなか手離す事ができないものです。当店では、皆様が大切にされている革製品を修理いたします。靴修理もかばん修理もお任せください。色あせやキズが目立ってきたという方は、お問合せフォームからご連絡お待ちしております。

本革紳士ベルトハゲハゲ染め直し

本革紳士ベルトdsc06325かなり使い込んでハゲハゲ感が半端ないです。dsc06326

傷は軽く埋めています。あまり本格的にやるとノベーットして革の風合いが無くなっちゃいますのでこのくらいで黒で染め直しです。dsc06375

染料とキズ補修剤、顔料で染め直し、色落ち防止剤と5度エアーガンで吹かしています。ベルトはあまりメンテナンスせず、使いっぱなしになりがちですのでできれば時々はクリームを塗り込んで保湿してください。dsc06374

4000円+消費税です。

お問い合わせ

紳士本革ベルト 染直し これが赤だった?

いい感じにくたびれてきた紳士本革ベルト。DSC04779

風合いは今のまんまのほうが良いように思うのですが、このベルト元は赤だったそうなんです。何処にもそのイメージは残っていませんねえ。DSC04780

バックルは縫い付けなのでマスキングしてとりかかります。染料で3度塗り、顔料で3度塗り、色止めで3度塗りの予定です。DSC04789

熱をかけながら、エアガンにて塗料を塗っていきます。DSC04804

真っ赤というわけには行きませんが、イメージ通りになったそうです。DSC04813

コバは黒系に染めました。活躍してもらいましょう。DSC04814

4000円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

紳士革ジャンバーの汚れ及び擦り傷など修理

しっかりした厚手の牛革ジャンバーですDSC04232

裾の部分にカビのようなシミDSC04233

袖口にも有ります。DSC04234

結構深めな傷DSC04235

クリーナーで汚れを落とした後、傷修正材を混ぜた塗料を吹き付け傷の修正ですDSC04267

クリーナーで汚れは落ちても色落ちは直らないので全体に軽く塗料を吹き付けました。DSC04268

これで次のシーズンは大丈夫でしょう。今後はよく拭いてから保管して下さいね。湿気が大敵ですDSC04269

4000円+消費税です

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Dolomite ドロミテコルチナ 履き込んだ年代物の逸品 修理する所だらけ

イタリアの有名ブランド ドロミテコルチナです。DSC03889

まずはアッパーの糸切れによる口開きDSC03890

ソールはミッドソールが崩れているのが見えます。DSC03891

靴の中、滑り革もかなり傷んでいます。DSC03892

パイピング部分も破れたり、擦れていたり・・・DSC03893

ソールは当然のように穴あきです。ここまでなってると新しく購入したほうが安くつくかもしれません。DSC03894

では分解です。ソールをはがすと、ミッドソールが出てきます。思いの外、痛みは少ないようですが、もう1層のミッドソールが崩れているのでこれも剥がします。縫い付けを切っていきますDSC03895

もう1層のミッドソールです。ここが問題ですね。板紙を使用しているので何年かすると必ず傷んできます。DSC03896

板紙のミッドソールを取りました。やっと靴の中底が出てきました。プラスティックのシャンクは使えそうです。DSC03897

縫い目の穴に縫い糸が残ってないか確認です。DSC03898

糸切れした所を縫い直していきます。手縫いです。かなりの広範囲でしたDSC03968

左右とも都合4箇所です。DSC03969

滑り革修理しています。ここに革を縫い付け靴の中に折り返して貼り付けます。DSC03973

ミッドソールを縫い付けています。DSC03981

オリジナルは板紙でしたが、本革のミッドソールに格上げしています。DSC03982

本革のミッドソールに合成ゴムのミッドソールを貼り付けます。アウトソールとの接着性能を上げる理由もあります。オリジナルはここも一緒に縫ってありますが、今後の修理を考えると縫い付けず接着のみにしています。DSC03983

アウトソールは定番のVibram#1136黒ですDSC03984

ミッドソールが2層あるのでかなりゴツいです。DSC03985

着色と靴磨きで完全復活です。DSC03988

今回は22360円でした。修理内容や金額はお問い合わせ下さい。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category