津山市

ヒール巻革 張替え 3300円+消費税 婦人サンダル

婦人サンダルです。

色もハゲハゲ傷もあります。ヒールの巻革を張り替えます

まずはヒール本体を分解します。

古い革を剥がします。

新しい革を貼ります。

靴本体に取り付け、かかとゴムを張ります

全体的に磨きを入れて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

バックルストラップゴム交換 3000円+消費税 縫直し1500円+消費税 婦人パンプス

婦人パンプスです

ストラップゴムが伸び切っています。

縫い付けが切れて口が開いているところがあります。

ゴムの縫い付けを切って分解しました

新しいストラップゴムを取り付けて

八方ミシンで口が開いたところは縫直し

靴も磨いて完成です

 

中底交換3000円+消費税 オールソール修理 12500円+消費税 BURBERRY バーバリー紳士革靴 

バーバリー紳士革靴です。

BURBERRYのロゴ入りインソール

ハーフソール補強の交換を依頼されましたが、

靴の中を確認すると中底が亀裂で割れているようです。交換のご提案をしましたところすべて交換で承りました

ハーフソールとヒールを分解して糸を切るためソール表面を削っています。何故かゴム状のものがむき出してきました

すべて本革のソールかと思っていたら、合成ゴムソールに革を貼っただけのソールでした。

中底を分解したところです。前半分が革のようです。

右足が激しく亀裂が入っていますね。

ベンズ革で中↑小野ハーフ部分を作り、板紙に貼り付けます。

接着だけでは弱いので板紙との間は縫い付けました。靴本体にセットします

中底を元のようにセットしたら、隙間をコルクで埋めます。周りにはゴムウェルトを貼り付けて

インソールを貼り付けたところです

本革ソールをマッケイ縫い付けして、ハーフソールとヒールを取り付け

靴も磨いて完成です。

 

 

 

オールソール修理 11500円+消費税 Dr Assy 紳士カジュアルシューズ 加水分解

Dr Assyというブランドの紳士カジュアルシューズです。

かなり激しく加水分解して割れています。

ソールを取り外すとこんな感じになります。

ゴムウェルトを靴の周りに貼り付けます

合成ゴムのミッドソールを貼ります

マッケイミシンで縫い付けます

仕上げはいつものVibram#2668黒です

ソールのゴツゴツ感は減りましたが、少しシュッとした感じです

この革は磨いても光沢が出にくい対応ですが、磨いています。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

ソール交換 10500円+消費税 RED WING レッドウィングエンジニアブーツ モデル名は解りません。詳しくないので・・・。

レッドウィングのエンジニアブーツです。

かかと部分がかなり削れています。全体的にはもう少し履けそうですが、ソール交換です。

徐々に分解してミッドソールが現れました。ここに不具合がなければアウトソールのみ交換です

使用するのは定番のVibram#4014白 やはりこれですね

ミッドソールも一緒にサクッと削って白くします。

靴も磨いて完成です

 

オールソール修理 11500円+消費税 クラークス 加水分解にてネチャネチャ

クラークスのかかとがあるタイプの紳士革靴です

加水分解して表面はネチョネチョで剥がれ落ちています。縫い付け部分も割れています

中底はフェルト系素材です。シンナーでボンドを溶かして分解します

分解しました。中底を靴本体に縫い付けているすくい縫いが一部切れています

手縫いでまつり縫いすると引っ詰めたようになるので革をお互いに縫い付け縫い合わせます。

合成ゴムのミッドソールを貼り付けます

本の縫い目に沿って縫い付けます、出し縫いです

元のソールに近いイメージのソールが発売になっていたのでこれにしてみました。Vibram#947ASPEN

サイドビューはこちらゴツゴツ系

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

Gallery Category