解れ修理

モカシンほつれ縫直し1500円+消費税 滑り革修理2800円+消費税 DOLOMITE ドロミテコルチナ

ドロミテコルチナです。

滑り部分が破れてきています。革を貼って対応します

縫い付けが切れています。部分的に手縫いで縫い直します

革を貼って縫い目上を縫い付けます。

こんな感じです

針2本で左右から縫い合わせます。

オリジナルより1サイズ太目の糸で強度アップします

これでまた当分大丈夫でしょう

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

千切れた革を作り直す 3000円+消費税   紳士ブーツ

紳士ブーツの持ち手が破れています。

縫目のところで裂けたようです。このままで縫い付けることはできないようなので

内張りに縫目が見えないので縫い付ける先はこの中ですね

1枚ものですが、この部分で切断して縫い付けを解き外します。

内張りも縫い付けを解き、剥がして内側にアクセスできるようにします

新しく帯状に作った革を縫い付けまして

内張りも元のように縫い合わせます。

できれば、履くときにもこの輪っかは引っ張らないように、靴べら使ってくださいね。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

ほつれ縫直し 1500円+消費税+ソール剥がし戻し1000円+消費税 オーロラシューズ

オーロラシューズです。

縫い付けが切れて口が開いています。縫い直しますが、縫目はソールで隠れています

部分的にソールを剥がしていきます。

手縫いで縫い合わせます。糸は少し太めのものを使用

縫い合わさったら、ソールを元通りに貼り付けて

ザクっと磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

MedicalWALK メディカルウォーク スニーカー 滑り革修理

メディカルウォークのスニーカーですDSC07086

履き口の破れと滑り部分の補強をしますDSC07087

滑りの部分に革を貼り付け、履き口ギリギリを縫い付けていきますDSC07089

革は大きめのものを縫い付けてDSC07090

靴の形にカットしますDSC07091

ザクッと洗浄して完成ですDSC07092

2800円+消費税です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

new balance ニューバランス スニーカー すべり部分破れ修理

ニューバランスのスニーカーですDSC07009

モデルは#851DSC07017

かかと内側(すべり)の破れが発生しています。

ここが破れるのは靴が大きすぎることが原因であることが多いです。DSC07010

これは内側に革を貼って、縁の際を縫い付けているところです。DSC07012

大雑把な大きさの革なので縫い目から上にも革がありますDSC07013

縫い合わせができたら靴の形に革を切りそろえますDSC07014

両足とも完成です。DSC07015

これでまた当分大丈夫でしょうDSC07016

2800円+消費税です。

Ginza Kanematsu 婦人パンプス かかとゴム交換と ほつれ縫い付け

銀座かねまつブランドの婦人パンプスです。DSC05797

ロゴ入り中敷きDSC05798

ゴムはまだあるようですが、ご希望により交換ですDSC05799

縫い糸のほつれが何箇所かあります。縫い直しますDSC05800

そんなに大きくもないゴムに金属ピンが2個の仕様DSC05801

金属ピンの穴を木片で埋めますDSC05802

ゴムを貼り付けて釘を打って完成ですDSC05820

ほつれ部分を縫い直しDSC05822

完成です。DSC05821

かかとゴム交換1400円+消費税 ほつれ縫い直し2箇所で1500円+消費税

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

婦人ショートブーツ かかと部分解れ縫い直し コーナー修理

婦人ショートブーツです。凝ったデザインですDSC03986

こんなところから指が出ます。縫い合わせが解れたようです。DSC03987

手縫いにて何とか縫合さりました。DSC03993

かかと部分も高さ補正のコーナー修理ですDSC03994

これで暫くは安心して歩いて頂けそうですDSC03995

ほつれ縫い直し1500円+消費税 コーナー修理2300円+消費税

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Dolomite ドロミテコルチナ 履き込んだ年代物の逸品 修理する所だらけ

イタリアの有名ブランド ドロミテコルチナです。DSC03889

まずはアッパーの糸切れによる口開きDSC03890

ソールはミッドソールが崩れているのが見えます。DSC03891

靴の中、滑り革もかなり傷んでいます。DSC03892

パイピング部分も破れたり、擦れていたり・・・DSC03893

ソールは当然のように穴あきです。ここまでなってると新しく購入したほうが安くつくかもしれません。DSC03894

では分解です。ソールをはがすと、ミッドソールが出てきます。思いの外、痛みは少ないようですが、もう1層のミッドソールが崩れているのでこれも剥がします。縫い付けを切っていきますDSC03895

もう1層のミッドソールです。ここが問題ですね。板紙を使用しているので何年かすると必ず傷んできます。DSC03896

板紙のミッドソールを取りました。やっと靴の中底が出てきました。プラスティックのシャンクは使えそうです。DSC03897

縫い目の穴に縫い糸が残ってないか確認です。DSC03898

糸切れした所を縫い直していきます。手縫いです。かなりの広範囲でしたDSC03968

左右とも都合4箇所です。DSC03969

滑り革修理しています。ここに革を縫い付け靴の中に折り返して貼り付けます。DSC03973

ミッドソールを縫い付けています。DSC03981

オリジナルは板紙でしたが、本革のミッドソールに格上げしています。DSC03982

本革のミッドソールに合成ゴムのミッドソールを貼り付けます。アウトソールとの接着性能を上げる理由もあります。オリジナルはここも一緒に縫ってありますが、今後の修理を考えると縫い付けず接着のみにしています。DSC03983

アウトソールは定番のVibram#1136黒ですDSC03984

ミッドソールが2層あるのでかなりゴツいです。DSC03985

着色と靴磨きで完全復活です。DSC03988

今回は22360円でした。修理内容や金額はお問い合わせ下さい。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

縫い付け加工 紳士革靴のストラップベルトが解れた

紳士革靴です。金属金具がオシャレですね。DSC03746

ストラップベルトの縫い付けが解れちゃってます。DSC03747

こういった時には八方ミシンの出動です。靴の中に腕が入っていきますので後は縫うだけ。2往復しました。DSC03751

こういった修理の時もザクッと靴磨きしてます。DSC03752

1500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category