靴修理材料

オールソール修理 11500円+消費税 Timberland ティンバーランドフィールドブーツ

ティンバーランドフィールドブーツです。

加水分解して割れてきています。ネチョネチョボロボロです。

ソールを剥がしたら、ゴムウェルトを貼り付けます。

EVA素材のミッドソールを貼り付けます。

マッケイミシンで縫い付けていきます。

両足とも縫い付け完了。オリジナルには無い仕様です。

仕上げはVibram#1136黒です。黄色のロゴマークが主張しています

大きくまくり上がっていた、部分の跡形はどうしても消せません。ご了承下さい。

軽く洗浄をかけて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

滑り部分修理 2800円+消費税 本革カウンター700円+消費税 紳士ショートブーツ

履きやすそうな紳士ショートブーツです。

かかと内側滑りの部分です。ボロボロに破れています。これは靴が大きすぎるのが原因の一つです。

表面の布と樹脂系のカウンターを抜いたところです。カウンターがないと腰がなくなり変形するので

本革のカウンターを挿入します。

カウンターを挿入してボンド仮止めしたところです

滑り革を貼って補強に縫い目を入れました。丸く縫い目を入れたいところですが、

デザイン的に無理なので直線部分を縫い付けています

 靴も磨いて完成です。

 この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

ソール交換ベージュ色10500円+消費税 Timberland ティンバーランドフィールド

ティンバーランドフィールドです。

ぺらりんと剥がれています。

かかと部分はだいぶ減ってきてますね。これを機会にソールも交換ご希望です

分解するとこんな感じになります

このボッチが邪魔になりますので

削り取って、全面平にして下処理完了。

右足はなぜか靴の底面が見えています。機能的には問題ないようなのでこのままいきます。

Vibram#1136ベージュ色です。

オリジナルより少し明るめの色ですね。

違いだ写真では出ないですが、靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

かかと部分修理 1600円+消費税 婦人タウンシューズ ウェッジソールタイプ

婦人タウンシューズウェッジソールタイプです。

ゴムがかなり削れてヒールのプラスチックが見えています。

削り込むとこんな感じになります。

Vibramかかとゴムを貼り付けて整形します。

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

定番修理 かかとゴム交換1400円+消費税 Ferragamo フェラガモ婦人パンプス

フェラガモの婦人パンプスです。

ロゴマークが主張していますね

かかとゴムは劣化して無くなっています。細い釘を使ってますねえ。

Vibramかかとゴムを貼ったら、釘を4本打ってみました

ざっくり磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

かかとゴム交換 1400円+消費税 YvesSaintLaurentイヴ・サンローラン 婦人パンプス

イヴ・サンローランの婦人パンプスです

ロゴが主張していますねえ。

かかとゴムはすでに劣化して割れてなくなっています

金属ピンを抜いたら、穴を木片で埋めます。

Vibramかかとゴムを貼り付けて、木片めがけて釘を打ちます。

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 10500円+消費税 MADRAS マドラスモデーロ紳士革靴

スポンジ系の軽いソール&ヒールです

MADRASのロゴ

一体型のソールを一気に剥がしました。

Vibramスポンジ系のソールを貼り付けて

同モデルのスポンジヒールを貼り付ければ完成です。

ウェルトは丸ゴムタイプ、オプションでソールの縫い付け(1000円+消費税)もできますよ

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

加水分解にてオールソール修理10500円+消費税 PRADA プラダスポーツ

加水分解したソールがボロボロしています。

ほとんど原型をとどめていませんね。

ウレタン部分をできるだけヘラで取り、若干サンダーで削りました。

サイドのマクリ部分は色はつけれますが、ツルツル感は出せませんねえ。

ギザギザウェルトを巻いてソールを貼り付けます。

ソールは当店定番のVibram#2668黒

磨けるところは磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソールなど大掛かりに修理 ドロミテコルチナ

相当に履き込んだドロミテコルチナ

ソールが割れています。ミッドソールも割れているようです

滑り部分と内張りの一部が破れています。

全部交換なので縫い付けを切って一気に分解してみました

1層目のミッドソールは板紙なのでぼろぼろになります

革のミッドソールを手回しの出し縫いミシンで縫ってます

細かな縫い目にしました。

合成ゴムのミッドソールを張り、アウトソールの接着強度を出します

滑り革修理とパイピング処理

仕上げはVibram#1136黒です。

2層のミッドソールで厚みも出ました

靴も磨いて完成です。

オールソール修理12500円+消費税 滑り革修理2800円+消費税 内張り部分修理500円+消費税 パイピング処理2000円+消費税

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理と金具の交換 ボストニアンゴルフシューズ 30年もの 実は私の靴

ボストニアンゴルフシューズ約30年使っています

当時、作りは最高の部類の本格的本革のゴルフシューズです

ソールが浮いてきだしました。もう30年ですからね。

後付のソフトスパイク、金具がむき出しになってきています

雌ネジの根元が割れている、もう限界のようです。

ソールを分解すたところ。コルクではなくハニカム状のブレート

練コルクも痛みがあるようですね

ウェルトも亀裂が激しいので交換します。

すくい縫いで革のウェルトを靴に縫い付けていきます

革ソールを少し薄く漉いてメス金具を入れる穴を開けます     

靴本体に接着の後、出し縫いします 

表と裏の縫い目はこんな感じです。

ヒールも積み上げソフトスパイクを取り付けます

なんとか月末のゴルフに間に合いました。 

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

Gallery Category