高さ補修

紳士ショートブーツ かかとゴム交換と 革破れ修理

紳士ショートブーツです。DSC04892

かかとのゴムはかなり削れています。ヒール本体も削れているので高さ補修が必要ですね。DSC04893

この一番はしが破れています。DSC04894

見えている縫い目は擬似なのでボンドを溶かしてソールを剥がします。破れているところが顕になりましたね。DSC04895

裏から当て革を貼り、破れている所をきっちり合せます。DSC04896

破れているところの上下を縫い付けます。DSC04897

破れていたところより上側の縫い目はどうしても見えてしまいますが、これはご勘弁下さい。DSC04899

ヒールはかなり削れていたので2段分革を積み上げています。DSC04898

これで当分大丈夫ですね。DSC04900

縫い直し(ソール剥がし作業など含め)3000円+消費税かかとゴム2800円+消費税

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

ビジネス系紳士革靴 かかとゴム交換 

スリッポンなビジネス系紳士革靴です。DSC04834

元々あまり厚みの薄いタイプのかかとゴムですね。かかとの端が削れ気味です。DSC04835

カカトのゴムを剥がすとプラヒールが出てきました。中は中空です。平らになるまで削り込みますDSC04836

積み上げ用の革を1枚追加してトップのゴムを貼り付けました。DSC04851

ゴムはフランスのTOPY社の製品です。DSC04850

今度は早めにお持ち下さいね。DSC04852

2800円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

シングルモンクストラップの紳士革靴 カカト修理です

濃茶のシングルモンクストラップ紳士革靴です。オシャレですDSC04712

履きすぎという歩ででもないのですが、ヒール本体の角が丸く削れています。これ右足。営業マンさんかなあ、車の運転でこうなっちゃく可能性大です。DSC04713

真っ直ぐなるところまで削ってやって1段分高さ補正です。DSC04717

高さ補正したら、トップのゴムを貼り付け削り込みます。DSC04721

DSC04723

次回は早めにお持ち下さいね。DSC04724

2800円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

ing  イングの婦人パンプス ぶーてぃーかな? ヒールカットします。

ingブランドの婦人パンプスです。ブーティーに属するのかも・・。DSC04394

ロゴ入りインソールDSC04395

結構な高さが有ります。ヒールをカットして欲しいというご希望なのですが、靴の形状から言うと1cmくらいカットするのが限度です。DSC04396

ヒールのゴムを外して片足だけ1cmカットしてみました。DSC04397

ヒールをカットすると写真左のように爪先が上に上がっていきます。体重のかかる重心がどんどん後ろへ動きますので、極端にカットするとまっすぐ立てなくなるので歩けなくなってしまいます。それで1cmが限度なのです。DSC04398

両足ともカットしてかかとゴムを取り付けましたDSC04401

取り付けたゴムはいつものVibramかかとゴムです。DSC04402

見た目以上に低く感じると思います。DSC04403

1400円+500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

紳士革靴 オールソール修理すべき事案なんですが、ご予算の関係で・・・

紳士革靴です。スリッポンですねDSC04143

ソールは縫い付けが切れ始めています。中心がかなり薄くなっているイメージですDSC04145

ヒールはトップを削ってヒール本体も削りソール部分も削っています。ここまでなればオールソール修理すべき事案ですね。ただご予算の関係でそれぞれに直しますDSC04146

ニールの残りを剥がしてみてもソールのかかと部分がこれだけ余分に削れています。DSC04147

厚み補修を行ってヒールを取り付けれるようにしますDSC04148

斜めにスジが入っているところが高さ補修したところです。スポンジ系素材でヒールの高さを出してDSC04160

合成ゴムのトップリフトを貼り付けて仕上げますDSC04159

ソールの厚み補修を少々DSC04161

ハーフソール補強を施して完成です。今度からは早めにお持ち下さいねDSC04158

カカト修理(厚み補修含)3300円+消費税 ハーフソール補強(厚み補修含む)2800円+消費税

いずみ靴店8革研究所倉敷店)

婦人ショートブーツ ウェッジソール かかと部分修理 滑ります

ちょっとゴツメな婦人ショートブーツです。DSC04132

スポンジ系のウェッジソールなんですが、全体がつるつる仕様。これがオリジナルなんかなあ?カカトが減ってきたということなんですが、まあ滑りもありますでしょうね。DSC04133

ここはちょっと細工して模様の入ったいつものVibramかかとゴムをはめ込みます。その為の削りこみですDSC04134

元が平面仕様なので面一にしました。DSC04138

滑りが気になるようでしたら、ハーフソール補強という手もあります。またご連絡下さい。DSC04139

靴も磨いて完成です。

1600円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

定番修理 婦人パンプスのピン付きリフト交換 ピンヒール

スエードの婦人パンプスです。DSC03901

ゴムはなくなってます。金属ピンまで削れています。こうなると同じ高さでは直せません。少し削り込んで平にします。ピンが抜けるかなあ?DSC03902

今回は滑り止めの入ったピン付きリフトを使ってみました。いかがでしょうかDSC03906

次回はゴムが無くならないうちにお持ち下さいね。DSC03907

1200円+500円+消費税

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

madras modello マドラスモデーロ 紳士革靴 かかとゴム交換 高さ補正

マドラスモデーロブランドの紳士革靴 タッセルシューズですDSC03784

ブランドロゴが主張していますね。厚みのある中敷きがいい作りを想像させますDSC03785

カカトのトップは合成ゴムですが、高さを出している積み上げはスポンジのようです。積み上げ部分も削れていますね。DSC03786

月形に見えるところが高さ補修したところです。DSC03788

トップのゴムはフランスのTOPY社のリフトです。Vibramより粘りがあるようなイメージです。DSC03787

靴も磨いて完成です。DSC03789

2300円+500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

 

定番修理 婦人パンプス ピン付きリフト交換 ピンヒール

オシャレデザインな婦人パンプスですDSC03401

ブランド名は判別不能。私が疎いだけですが・・・。DSC03402

片足はピンごと無くなってます。暫く歩かれたのか、ヒールも削れていますねDSC03403

イタリアのカサリ社のピン付きリフトです。巻き革のめくれはボンド付けしときましたDSC03408

特に爪先に光沢を蘇らせて完成ですDSC03409

1200円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

定番修理 婦人パンプス 太めなヒールゴム交換

婦人パンプスの安定感の有る太めなヒールです。DSC03246

ゴムの周りが辛うじて残ってますが、ヒール本体も削れ気味です。DSC03247

左右の高さ揃えをしてVibramカカト板にて仕上げています。DSC03250

コレでまた安心して履いていただけますねDSC03251

1400円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category