#1136

オールソール修理 10500円+消費税 MERRELL メレルウェダネス ミッドソール再利用

メレルウェダネスです。

MERRELLの刻印が入っています

ちょっと珍しい、スポンジ土台にアウトドア系のソールシート。こんな部品無いのでVibram#1136にて修理します

まずは分解。

ヒール部分が高くなっているので全部平らにします。

平になったスポンジ部分を剥がれ防止に、マッケイ縫い付けします

仕上げにはVibram#1136黒

元のソールより若干厚手になります

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 11500円+消費税 Timberland ティンバーランド 初めて見るモデル

ティンバーランド フィールドブーツです。このモデルは初めてです

ゴム製の腰巻きのようなものがぐるりと貼られています。オリジナルでこれなんだろうか?

溝はなくなりつつあります。

上から見た状態。とりあえず分解してみます

分解は特に問題なくできました。腰巻きはソールの内側につけてあります。意味が解りません

この接着跡をどうにかしないと見た目に残念ですね

少し削って平にしてみます

ツルツルにはならないようです。

ゴムウェルトを貼り付け

EVAスポンジのミッドソールを貼り付けます

いつものようにマッケイミシンで底縫いです

アウトソールは定番使用のVibram#1136黒です

ごっつい感じに仕上がりました

靴も磨いて完成です。上から見ると問題ないか?

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 12500円+消費税 DOLOMITE ドロミテコルチナ 

ドロミテコルチナの黒です。

距離は歩かれていないようです

履き口に破れがあります。パイピング処理を行います

1層目のミッドソールに切れ込みを入れて糸を切り一気に分解します。

ソール部分は分解できましたが、板紙のミッドソールはまだ、靴本体に残っています

まだ少し残っていますが、これで概ね靴本体の状態です。

糸も残さず取り除きます

本革のミッドソールを出し縫いします。

履き口に短冊に切った革を巻き付け縫い付けます

アウトソールは定番使用のVibram#1136黒です

太めな糸で縫い付けています

靴も磨いて完成です。って最後の写真はピントが来て無いぞ!!

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理12500円+消費税 縫直し1箇所1000円+消費税 パイピング2500円+消費税 DOLOMITE ドロミテコルチナ 履き込んでます

ドロミテコルチナです。

劣化して固くなっているようです

履き口が破れています

モカシンの縫い付けが解れています。

縫い付けを切りながらソールをミッドソールと一緒に分解していきます

1層目のミッドソールは板紙なので長く使っていると劣化して割れてきます

縫い付け糸はきれいに抜きます。穴が結構大きいです

ミッドソールを取り除いたところです。

ミッドソールを縫い付けています。

1層目は板紙でしたが耐久性を考えて本革製のものに変更しています

モカシン部分縫直し

アウトソールは定番のVibram#1136黒です

履き口にパイピングを施し、コバは茶色に染めて

靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 Timberland ティンバーランドフィールドブーツ チェック柄布の場合

ティンバーランドフィールドブーツです。チェック柄布のタイプですね。ソール剥がれです

靴本体に直接接着しているタイプなので再接着では正直不安です。オールソール修理をおすすめしました

分解はいとも簡単。塩ビ系のソールは接着強度が出にくく難しい部類です。これを機にオールソール修理します

ゴムウェルトを貼り付けて

EVAスポンジのミッドソールを貼り付けます。今回は茶色を選択です

マッケイミシンでズバズバ縫っていきます

両足とも縫えましたら

アウトソールを貼ります。Vibram#1136 黒がおすすめです。他の色はロゴマークが同色で黒だけが黄色です。

サイドビューはこんな感じ

ザクッと洗浄して完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 Timberland ティンバーランドフィールドブーツ 加水分解

ティンバーランドフィールドブーツです。

加水分解してぼろぼろいってます。

ソールを剥がすと横方向に跡形が残ります。左くらいには取るように頑張っていますが、跡形は残りますのでご容赦下さい

ゴムウェルトを貼り付けます

EVAスポンジのミッドソールを貼り付けます

マッケイミシンで底縫いします。これでミッドソールまでは剥がれません。

アウトソールは定番のVibram#1136黒です。黄色いロゴが主張しています

結構厚手な感じですがミッドソールがクッション性を持っています

ザクッと洗浄して完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 11500円+消費税 Timberland ティンバーランドフィールドブーツ 使い込んでます

ティンバーランドフィールドブーツです。いろんなモデルがありますね

ソールが剥がれてきています。STEEL TOEとあるのでエンジニア系ですね

かかとも大分減ってきています。これを機会に交換です。

ソールとウェルトを分解しましたら、貼ってあるスポンジの色が左右違います。何か意味があるのかな?

白いゴムウェルトを貼り付けます

EVAスポンジのミッドソールを貼り付けます

マッケイミシンで縫い付けます。

仕上げはVibram#1136ベージュ ハニー系です。

サイドから見ると各層色が違います

ざっくり洗浄して完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

 

 

オールソール修理 11500円+消費税 ブーツ丸洗い 3000円+消費税 Timberland ティンバーランド ソールはすでに無い

ティンバーランドのショートブーツです。

薄手の合成ゴムのミッドソールが縫い付けてあります。特に問題ないですが、これではクッション性が心もとない

表面のボンドをできるだけ落とし

クッション性を上げるためにEVAスポンジのミッドソールを1枚縫い付けます

仕上げにはVibram#1136黒です。

厚みがぐっと増して履き心地はかなり変わったと思います

お客様のご要望で丸洗いを行いました。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 11500円+消費税 履き口スポンジ張替え8000円 Timberland ティンバーランドフィールドブーツ 履きすぎちゃった感

ティンバーランドフィールドブーツです。

ソールは当然のように剥がれています

中底がソールに張り付いて靴本体から外れかかっています

この履き口スポンジは真っ直ぐなタイプじゃあないので元のきれいな形での再生は難しいです。とりあえず張替えのみ

まずはソールの分解

中底が外れているので元の位置に戻して接着

ウェルト貼ってミッドソールを貼り付け

マッケイ縫いしてガッチリ強度アップ

スポンジを外しました。形がいびつで難しそうだ

真ん中破れてるし、張替えできるかなあ?

形は美しくないけどなんとかしてみました。誰か張り替え方教えてほしい。

ソールはハニー系のVibram#1136

これでまた当分履いていただけそうですね

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理11500円+消費税 Timberland ティンバーランド タウンブーツ 加水分解

ティンバーランドのタウン用のブーツです。

WaterProofとあります。ゴアテックスでも入っているのかな?

加水分解してヒールの付け根が割れてきています。

表面層は合成ゴムのようですが、アンコはウレタンのようです。豆腐が崩れるように崩壊し始めています

ソールをできるだけきれいに剥がします。思いの外フラットな底面なので作業はやりやすそうです。

靴の周りにゴムウェルトを貼り付けます

EVAスポンジのミッドソールを縫い付けます。マッケイ縫いです

マッケイ縫いは靴の中底に縫い目があります

仕上げには定番仕様のVibram#1136黒です。黄色いロゴがお洒落です

サイドビューです。結構ごつい厚みになりました

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

Gallery Category