ECCO

ソール交換 寒冷地仕様 11000円+消費税 滑り革修理 2800円+消費税 ECCO エコーカジュアルシューズ

えこーです。滑りやすいところも歩くそうです

滑り部分が破れています。

かなり削れて滑りやすくなっているそうで、寒冷地仕様にします

凹凸をすべて削り込み平らな面に仕上げます。これがキツかった

滑り部分に革を縫い付けて破れを隠します

Vibram#1319 雪用に開発されたソールです

横から見ても違和感がないように削り込みます

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理11500円+消費税 インソールクッション作成2000円+消費税 ECCO エコーゴルフシューズ 加水分解で割れてます

エコーのゴルフシューズですね

ミッドソール部分が加水分解して崩壊しています

ソールの下もウレタンがない状態

ボロボロネチャネチャになっています。

分解時に縫い付けの糸が切れることがよくあります。何様糸が細いですから

そんな場合は革を縫い付けて補強します。元の状態より強度はアップしています

インソールの下にあるクッションも加水分解しています

これです。そのままでは使えません

EVAスポンジで作り直しです

キッチリできました

ミッドソールを縫い付けてヒールを高くします

仕上げはVibramスパイクレスシューズ用のソールシート

これでまた、ゴルフを楽しんでいただけそうです

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

スパイクレスへオールソール修理 11500円+消費税 ECCO エコーゴルフシューズ

エコーゴルフシューズです。ソフトスパイクタイプです

ソールが劣化して割れてきています。ソール交換が必要ですが、スパイクの雌ネジの移植はできません。

スポンジのソールですね

ソールは一体で成形されており、雌ネジも組み込まれています。

ゴムウェルトを貼り付けて

EVAスポンジのミッドソールを貼ります。

マッケイミシンで底縫いします

ヒール部分をウェッジで高くし、ソールを貼り付けます。

ソールはVibramスパイクレス用のシートです

高級感はなくなりますが、ある程度の雰囲気で仕上がりました

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理 11500円+消費税 スパイクレス仕様へ ECCO エコーゴルフシューズ

エコーのゴルフシューズです。本格的な革製のゴルフシューズに見えます

革ソールの中央に亀裂です。縫い目も飛んできていますね

ヒール本体とソールはウレタンの一体成型のようです

ヒールの根本から革ソールが浮いてきています

縫い目はフェイクでした。ボンド接着ですね

革の疑似縫い目が入ったウェルト。割れています

ザクッと表面層を分解。全部ボンド接着タイプでした

ソール本体を分解しました。ウレタンなので簡単に分解できないところが辛い。

ゴムウェルトを貼ったら、EVAスポンジのミッドソールを貼り付けます。

ミッドソールをマッケイ縫いします

ウェッジヒールを取り付けたら、

Vibram#419C スパイクレス用のソールシート

見た目はライトな感じになりました。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

ソール交換 9800円+消費税 ECCO婦人ブーツ 加水分解

ECCOの婦人ブーツです。

加水分解して割れています。こんなまあるいイメージにはできませんが、

この高さ分積み上げてウェッジヒールを作ります

EVAスポンジの板を積み上げて高さを作り、婦人用のソールで仕上げました

丸くないのでゴツく見えますね。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

オールソール修理 11500円+消費税 ECCO エコー紳士カジュアルシューズ

エコー紳士カジュアルシューズです

ECCOのロゴ入りインソール

ソールはかなり削れてきています

問題なのは爪先部分が加水分解したのか?裂けています。これは修復できません。オールソール修理しか手がないですね

表面層は一気に剥がれていきましたが、ウレタン層が靴から取れません。特にヒールの厚み、これが厄介なんです

鉄ヘラを熱してホットナイフにしてウレタン層を切って取ります

ホットナイフでここまでは切り取れました。

側面に残っているウレタンは革包丁で切り取っていきます

ゴムウェルトを貼ったら、合成ゴムのミッドソールを貼り付けます

強度アップにマッケイ縫いです。

両足とも縫い付け完了です

オリジナルのソールより厚手になりますが、柔らかめな履き心地で耐久性のあるVibram#2668で仕上げます

全体的に厚めです。

こういう角度で見ると違和感は少ないですね。

 

 

オールソール修理11500円+消費税 ECCO エコー紳士ビジネス系革靴 加水分解

エコーの紳士ビジネス系革靴です。

加水分解してヒール部分が崩壊しています。

加水分解したものを取り除くのはかなり手間がかかりますが、ここまで分解できれば後はなんとかなります。

ゴムウェルトを貼ってミッドソールを縫い付けた後ボンドを縫った状態です。

使用したソールはVibram#2810 かかと有りのタイプです

サイドビューがこちら、厚手な感じです。

ウェルトはワイドギザのタイプです。

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

オールソール修理11500円+消費税 加水分解にて穴あき ECCO エコーの紳士カジュアルシューズ

エコーの紳士カジュアルシューズです。

ECCOのロゴ入りインソール。オリジナルなソールということのようです

加水分解して穴が空いたかかと部分

ウレタンソールはなかなかきれいに除去できません。こういったところが使い捨て靴の修理が難しいところ

加水分解しないと言われるEVAスポンジのミッドソールを貼り付け

マッケイミシンで縫い付けます。

両足とも縫い付け完了

マッケイ縫いをすると靴の中に縫い目があります

ヒール部分を高くするためEVAスポンジのウェッジ材料を貼り付けて

横から見るとこんな感じ。もう少し削り込みます

かかとは少し曲線にして接地時の衝撃をを柔らかく

Vibramの新しいスニーカータイプのソールを貼り付けます。Vibram#298C

なんとか形になりました

まくりの部分は残して普通のソールにしました

 

 

 

オールソール修理 寒冷地仕様で! 11500円+消費税 Ecco エコー紳士カジュアルシューズ 加水分解

エコーの紳士カジュアルシューズです。舟形のウェッジソールです。

Eccoのロゴ入りインソール

加水分解して穴が空いています

ソール表面のシートを引っ張ると豆腐が崩れるように分解されました

ウレタン部分をできるだけきれいに取り除き EVAスポンジのミッドソールを貼り付けます

ミッドソールを縫い付けます。マッケイ縫いです

ヒールに向けて素直に高くするウェッジソール舟形です。

寒冷地仕様でというご希望なのでVibram#1319

サイドビューはこんな感じ

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

かかとコーナー修理 2300円+消費税 Ecco エコー紳士革靴

エコーの紳士革靴です。

一体型のヒールが削れ中身が見えてきています。

斜めに削り込んで傾斜板で高さを補完します。

傾斜板は数種類の色がありますが、合わない場合もございます。

磨いても光らないダメージ処理されているようです。一応磨きました

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

Gallery Category