HAWKINS

スポンジ張替え7000円+消費税 GT-HAWKINS GTホーキンスエンジニアブーツタイプ

GTホーキンスのエンジニアブーツタイプです。見た目が変と思えば

履き口のスポンジ表皮が剥がれてるんですね。

GT-HAWKINSロゴマーク

これはこれでも面白いが、縫い付けが破れてるところもあるし、張り替えます

スポンジ部分お縫い付けを切って分解します

分解したスポンジに本革シートを貼り付けます。海苔巻きみたいです

張り替えたスポンジを靴本体に縫い付けます。これは八方ミシンです

両足とも縫い付けました。

このスポンジ濃茶が多いので濃茶の革を貼ってます。靴も磨いて完成です。

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

 

GT-HAWKINS Gt-ホーキンスサンダル ビルケンソール交換 #2060ソールにて

Gt-ホーキンスのサンダルです。ソールはビルケンシュトックのものが使われてますので、ビルケンシュトックのOEMバージョンなんだろうね。dsc06279

中底にはGT-HAWKINSと入っていますねdsc06280

ソールはビルケンシュトックオリジナルです。ご希望のVibram#2060ソールに交換します。dsc06281

分解していきます。アッパーがついた状態では削り込みができないので一旦全部分解です。dsc06282

ソールは仮止めして中底に合わせて削り込みます。dsc06283

アッパーをもとに戻して接着してdsc06284

ソールを正式に貼り付ければ完成です。大きなVibramロゴ入りのVibram#2060dsc06303

違和感はないようです。厚みも有り、耐久性はビルケンシュトックの比ではないですね。dsc06302

アッパーもザクッと洗浄して出来上がりですdsc06304

9800円+消費税です。

お問い合わせ

HAWKINS ホーキンスの紳士エンジニアブーツです。オールソール修理 #700にて

ホーキンスの紳士エンジニアブーツです。履きこんでいらっしゃいます。DSC05113

HAWKINSのロゴが辛うじて読み取れるくらい削れています。DSC05114

ブロックパターンも消えかかっています。縫い付けも切れていますね。DSC05115

まずはヒールの分解から。この釘の多さには閉口します。DSC05116

このプラヒールは再利用します。修理部品では手に入りません。貫通させた釘が痛々しい。DSC05117

ソールは縫い糸を切って剥がします。ミッドソールに痛みはないようです。珍しく本革のミッドソールです。DSC05118

ソールを貼り付けて、出し縫いしていきます。ランディスという出し縫いミシンです。DSC05136

結構際を縫っています。DSC05137

通常、かかと部分は通しの釘を打っていますが、当店ではマッケイミシンで縫い付けちゃってます。荒業ですみません。こっちのほうが強度が出るのでご理解ください。DSC05138

元々ついていたプラヒールを挟んでトップのゴムを取り付けます。DSC05158

裏から見た感じはこうです。DSC05157

磨いてみましたが、光沢までは難しい状態でしたね。またガシガシ履いて下さいね。DSC05159

13500円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

 

HAWKINS ホーキンスのエンジニアブーツ かかとゴム交換

HAWKINSブランドのエンジニアブーツですDSC03624

HAWKINSロゴ入りのかかとゴムです。DSC03625

ゴムを外しました。エンジニアブーツのカカトって無駄に釘が多いような気がします。間に挟んで高さを出しているのがプラスチック系なので接着強度が出ないんだろうねえ。素材を変えてみればいいのになあ。DSC03626

20mmのブロックヒールです。DSC03627

この厚みが無くなるまでなら、かなり履けそうです。DSC03628

2800円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

HAWKINS ホーキンスの紳士エンジニアブーツです。かかとゴム交換とヒールも交換

紳士ホーキンスのエンジニアブーツです。DSC03460

HAWKINSロゴがしっかり入っていますDSC03461

ゴムを通り越してヒールも削れています。このヒールプラスティック系なので補修は難しい上、同じようなものは手に入りません。革の積み上げで対応したいと思いますDSC03462

エンジニアブーツってどのメーカーもかかとゴムに釘を打ち過ぎです。なかなか抜けずに困ります。この方はゴムに穴が開いていたため、小石のおみやげ付きですDSC03463

分解できました。釘は靴本体側からも打ち込まれています。DSC03464

ここまで履くと厄介ですよDSC03465

靴から出ている釘は頭を飛ばします。DSC03466

プラヒールの代わりに革を積み上げて高さを出します。DSC03468

革を3段分積み上げて斜めに削り水平を出します。それからトップのゴムを貼り付け出来上がりです。もちろんグギも打っていますので耐久性も有りますよ。トップはVibram#430ヒールですDSC03478

靴も磨いて完成ですDSC03479

4700円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Gallery Category