Valentino

オールソール修理 中敷交換 左右裂傷修理 等色々 紳士革靴 21000円程かかっています

紳士革靴です。形見の靴だそうでどうにかして履きたいというご希望です。

VALENTINOのロゴですね。ロゴマークはなくなりますが中敷き交換します

アッパーのほつれの縫直しと履き皺の裂傷です。ここは革を縫い付けます。見た目には残念な感じになります

こちらも大きく解れて口が開いていますね

ソールは一体型の塩ビ系ソールでした

左右とも内側外側ともに裂傷があったので革を縫い付けて補強します。合わせて甲の部分の縫直しも行います

合成ゴムのミッドソールをマッケイ縫いで縫い付けます

アウトソールは元のソールデザインにイメージが近いダイナイトソールです。イギリス製です

本革製の中敷きハーフです。

靴も磨いて完成です

  この下のボタンをクリックしてお問い合わせフォームへ

お見積り・お問い合わせ TEL:086-526-3398 イズミ靴店

VALENTINO 定番修理 ヴァレンチノ婦人パンプス かかとゴム交換

ヴァレンチノの婦人パンプスです。DSC05292

FURIO VALENTINO ヴァレンチノにも色々有りますねDSC05293

何処にいったのか?ゴムは既にありません。DSC05294

ポッチ穴は木片で穴埋めします。DSC05295

Vibramかかと板を使用。木片で埋めた所を狙って釘を打ちます。4箇所ですね。DSC05296

靴も磨いて完成です。DSC05297

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Valentino ヴァレンチノ 紳士ショートブーツ かかとゴム交換とハーフソール補強

オーソドックスなデザインですが、Vのマークが主張してますね。ヴァレンチノの紳士ショートブーツです。シーズンオフになったのでメンテナンスです。DSC04727

ギリギリというところ、これ以上遅かったら面倒なことになります。DSC04728

ソールもだいぶ削れて色が無くなってきています。このような状態になると滑り始めますね。DSC04729

かかとゴムを取って軽く削ります。ハーフソール補強を貼るところも荒らしています。DSC04730

カカトヒールは最近では珍しくなった、木製でスタック革を巻きつけたタイプ。DSC04731

かかとゴムはフランスのTOPY社のものです。粘りが有って耐久性も高いです。DSC04740

ハーフソールはイタリアのカサリ社です。DSC04741

来シーズンはすぐに履いて活躍してくれますね。DSC04742

かかとゴム交換2300円+消費税 ハーフソール補強2300円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

Valentino 定番修理 ヴァレンチノ婦人パンプス カカトピン付きリフト交換 加水分解か?

ヴァレンチノの婦人パンプスです。DSC04653

Valentinoも色々有りますねDSC04654

加水分解したのか?ゴムは既に無く。何故かボンド跡金属ピンは残ってます。DSC04655

金属ピンを抜いたら、新しいピン付きリフトを打ち込んで形を整えたら完成です。DSC04656

靴も磨いて完成ですDSC04657

1200円+消費税です。

いずみ靴店(革研究所倉敷店)

 

Gallery Category